本来の役割を果たせない社員をどうするか『ローパフォーマー 社員に対する実務対応』 【半日】

開催日 2018年01月25日 (木)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 13時30分~16時30分 (開場13時00分)
通常価格 17,280円
WEB限定価格 17,080円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 13,840円
残席 あり
備考 ※大阪LIVE会場に同時配信をしております
大阪会場へのLIVE配信あり

価格は税込です。


講師プロフィール

石井・榎本総合法律事務所  弁護士 榎本 英紀 氏

【略歴・著書】

東京大学法学部卒業。1999年弁護士登録。会社法、労働法等の企業法務が専門。使用者側弁護士として経営法曹会議に所属。2016年より科研製薬㈱社外取締役。講演は経団連、東京経営者協会、東京、千葉、神奈川の各社会保険労務士会などで多数開催、管理者研修等も担当。主な著書に『実務に活かす労働契約法』(労働新聞社)、『実務に効く労働判例精選』(有斐閣/共著)ほか

この講座に参加する

特商法上の表記

※”年間受講パス”、”おまとめ受講券”でのお申し込みの方は、次ページで請求書払いを選択してください。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講座概要

企業内の問題社員といわれる中でも、勤務態度や出退勤状況において目立った問題を起こすわけではないが、指示された仕事がこなせない、勤務中に集中が続かない等のさまざまな態様で、本来果たすべき役割を果たせない社員が少なからず存在します。本講座では、そのような社員をローパフォーマーと定義し、その法的問題点を分析しつつ、相談の多い事例、訴訟になった事例等を基に、職場における対処法を伝授します。

 

【本講座のポイント】

①ローパフォーマー社員への対応を法的に理解する 
②ローパフォーマー社員のトラブル事例を知る 
③ローパフォーマー社員への職場における実践的対処法を学ぶ

講座内容

発展講座群

 

 

本来の役割を果たせない社員をどうするか 
『ローパフォーマー社員に対する実務対応』【半日】

 

<主な内容>

 

Ⅰ ローパフォーマー社員の法的知識 
   1.労働契約における労務の質や成果の位置づけ
   2.指揮命令に従わず、目標が達成できない社員は労働契約違反ではないのか
 
Ⅱ ローパフォーマー社員のトラブル事例 
   1.よくある相談事例
   2.裁判例におけるローパフォーマー社員
 
Ⅲ 職場でのローパフォーマー社員への対処法 
   ①日常の勤務管理
   ②原因分析
   ③改善指導と効果測定
   ④訴訟に備える対応

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:14,040円, 
  /一般参加:17,280円(いずれも税込)

 

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 セミナーグループ
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典