メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

『行政指導から見る労務コンプライアンスのポイントと対策』 ~監督指導への対応からトラブル回避策まで~

開催日 2017年03月09日 (木)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 10時00分~16時30分 (開場09時30分)
通常価格 29,160円
WEB限定価格 28,960円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 23,560円
残席 受付終了
大阪会場へのLIVE配信あり

価格は税込です。


※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講師プロフィール

ドリームサポート社会保険労務士法人  代表社員 安中 繁 氏

【略歴】
立教大学社会学部卒業。税理士事務所に入社、企業経営者の支援に携わり、2007年安中社会保険労務士事務所開設。2015年4月法人化し代表社員に就任。現在に至る。
新しいワークスタイルの選択肢である「週4正社員制度」の導入コンサルティングを得意とする。
大学、新聞社、地方自治体、各種経営者団体での講演実績多数。

講座概要

労働基準監督行政による行政指導はここ数年強化され指導対象となる事業場は拡大されています。対応を間違うと、企業イメージの失墜に直結しかねない状況で担当者は「よく知らなかったので」では済まされない状況です。
長時間労働の実態を露呈し労働監督行政の動向にも注目を集めた広告代理店大手の過労自殺事件が記憶に新しい今、労働行政の監督指導の状況と実務上の対応について、総点検しておきましょう。
ぜひご参加ください。

講座内容

労政時報カレッジ
選択講座

 

『行政指導からみる労務コンプライアンスのポイントと対策』
   ~監督指導への対応からトラブル回避策まで~

 

 

<主な内容> 
Ⅰ 監督行政の現況
  1.監督指導体制の強化の実態
  2.企業名公表
  3.監督官の権限

 

Ⅱ 調査指導の流れ
  1.労働基準監督署の調査の種類
  2.調査の通知方法
  3.通知から調査当日までの準備
  4.当日からその後の対応まで

 

Ⅲ 個別の調査チェック項目
  1.労働時間関係
  2.賃金関係
  3.安全衛生関係
 
Ⅳ 提出を求められる書類とコンプライアンスチェックポイント
  1.法定3帳簿(労働者名簿・賃金台帳・出勤簿)
  2.36協定
  3.就業規則
  4.健康診断結果票
  5.各種委員会議事録
  6.面接指導関係
  7.ストレスチェック関係

 

Ⅴ 調査の要諦 ~労働時間~
  1.労働時間の適正把握・管理
  2.裁量労働制・事業場外みなし・管理監督者の適正な運用
  3.36協定の適正運用(意義・届出・代表者選出・周知)
  4.特別条項の適正運用(設定・届出・特別条項適用時の手続)

 

Ⅵ 労務監査実施のススメ

 

 


※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 人材育成事業部
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る