メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

実務で活かせる『等級制度〔実践編〕』〜等級制度を作ってみよう〜

ジャンル:人事・労務管理
開催日 2016年12月15日 (木)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 10時00分~16時30分 (開場09時30分)
通常価格 29,160円
WEB限定価格 28,960円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 23,560円
残席 受付終了
備考 ※電卓、筆記用具をご持参ください
※大阪会場 オンラインLIVEセミナーも同時配信
大阪会場へのLIVE配信あり

価格は税込です。


※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講師プロフィール

HRビジネスパートナー株式会社 代表取締役
グロービス経営大学院教授 舞田 竜宣 氏

【略歴】 

東京大学経済学部卒。世界最大級の組織人事コンサルタント会社の日本代表を経て、人事制度・人材教育・事業支援のHRビジネスパートナー㈱を起す。


【著書】
「MBB『思い』のマネジメント実践ハンドブック」(東洋経済新報社)、「行動分析学マネジメント」(日本経済新聞出版社)、「社員が惚れる会社のつくり方」(日本実業出版社)、「10年後の人事」(日本経団連出版)ほか多数、また、「労政時報」に於いても、人事制度や人材マネジメントに関する寄稿数、約50本。

講座概要

 等級制度(または資格制度)は、評価、報酬、育成、登用といった人事システムの中核に位置する「人事プラットフォーム」であると同時に、社員の「格付け」制度でもあります。そこには経営や人事の思想や価値観が反映され、自社にとって「正しい」等級制度を持つことは、自社にとっての「正しい」人事を実現するための基本要件であるとも言えます。
 この講座では、多くの演習を通じて、等級制度を構築・導入・運用する実践的な技術を学び、最終的には参加者が人事の哲学を持つに至ることを目標としています。ぜひご参加ください。

 

※電卓、筆記用具をご持参ください

講座内容

労政時報カレッジ
実務講座群

 

実務で活かせる 『等級制度〔実践編〕』
    〜等級制度を作ってみよう〜

 

【主な内容】
Ⅰ 等級制度の基本の復習

  過日開催された「1日でよくわかる等級制度」のサマリーを通して、等級制度の基本を確

  認します

    A) 人事管理と等級制度
    B) さまざまな等級制度
    C) 等級制度のトレンド
    D) キャリアパスと等級


Ⅱ 等級制度の大枠を作ろう
  制度構築の第一歩として、自社に最も合う等級制度の概要(フレームワーク)を、 人事制

  度全体の中で構想します
    A) 長期人材戦略をつくる
    B) 人材ポリシーを決める
    C) 複線型(コース別)の採否
    D) 最適な等級制度を選ぶ


Ⅲ 職能等級を作ってみよう
  日本におけるポビュラーな等級制度である職能等級を演習形式で作ることで、制度構築

  や改変の実務能力を高めます

    A) 等級の横軸(職能区分)を決める
    B) 等級の縦軸(レベル数)を決める
    C) 対応する役職と呼称を決める
    D) 等級基準(コンピテンシー)を作る


Ⅳ 職務等級を作ってみよう
  近年、日本企業に普及した等級制度である職務等級を演習形式で作ることで、制度構築

  や改変の実務能力を高めます
    A) 職務の価値軸を定義する
    B) 各職務の重さを測定する
    C) 職務価値を相対評価する
    D) 等級基準(グレード)を作る


Ⅴ ハイブリッド等級を作る
  日本の先進企業が導入するハイブリッド等級について、構築イメージが持てるように実務  

  的な演習を行ないます
    A) キャリアパスと等級を関係づける
    B) ブロードバンドの職能等級を作る
    C) ナローバンドの職務等級を作る
    D) 処遇・報酬のポリシーを決める


Ⅵ 運用ルールを整備しよう
  実際の人事管理で必要となる等級制度の運用について、基本的なルールを演習形式で

  作り、実務能力を高めます
    A) 昇格・降格のルール
    B) 職群別の処遇ルール
    C) コース転換のルール
    D) 評価制度との整合性


Ⅶ まとめQ&A
  本日の内容の振り返りと質疑応答に加え、これからの人事制度と人事のあり方について

  簡単に考察します

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 人材育成事業部
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る

社員教育でお悩みの方

働き方改革の担い手となる管理職に向けた学習コースと、
将来、貴社を担う新人のための学習コースをご用意しています。

無料トライアル受付中

労政時報選書/その他書籍

労政時報選書/その他書籍

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典