人事・労務の課題解決サポートサービス

株式会社労務行政 「WEB労政時報」利用規約

第1条(目的)

  • 1.本規約は、株式会社労務行政(以下「当社」といいます)がインターネット上で管理・運営している「WEB労政時報」(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。
  • 2.本サービスのご利用に当たっては、本規約および「株式会社労務行政ウェブサイトの利用にあたって」をご承諾いただくものとします。
  • 3.「本サービス」に含まれる内容は、特に断りのない限り、当社または一般財団法人労務行政研究所が著作権を有しており、その取り扱いは日本国の著作権法に従います。

第2条(登録会員)

  • 本サービスは、人事・労務の専門情報誌『労政時報』をお届けしている事業所に所属する個人または『労政時報』を購読している個人がご利用いただけます。ただし、ご利用にあたっては、本規約に同意し、当社所定の申し込みフォームに必要事項を記載の上、本サービスの利用を申し込み、当社がこれを承認し登録することが必要です。(以後、利用登録をされた個人を「登録会員」といいます)。当社は本規約に同意した登録会員に対し、本サービスの登録会員専用ページにログインできるユーザーIDとパスワードを付与します。登録会員は当該ユーザーIDとパスワードを一般財団法人労務行政研究所が運営する「jin-jour」ならびに当社が運営する「労働法ナビ」と「労務行政商品・サービスの販売サイト」でも利用することができます。
  • また、『労政時報』を購読している事業所または『労政時報』を購読している個人が『労政時報』の購読を中止した場合には、同時に登録会員の資格を失い、以後「本サービス」の提供は受けられませんが、「jin-jour」の登録会員としての資格を自動的に取得します。当社はお預かりした個人情報を、当社の個人情報保護方針に基づいて厳重に管理します。

第3条(退会)

  • 登録会員はいつでも本サービスの指定フォームより利用登録情報の削除を申請することによって退会することができます。登録会員は退会にともない、①以後、本サービスを利用できなくなることおよび②これまでのサービス提供履歴が完全に削除され、再度、利用登録を行った場合にも、削除前に提供していたサービス提供履歴は復元されないことに同意するものとします。

第4条(強制退会)

  • 当所は以下の場合に登録会員の情報を削除することができ、以後、当該登録会員に対して本機能の提供はおこないません。
  • (1)登録会員が1年以上ユーザーIDとパスワードを利用して登録会員専用ページにログインしなかった場合。
  • (2)登録会員にご登録いただいたE-mailアドレスに変更があり、当社から発信したメールが登録会員に送信不可能になった場合。
  • なお、登録会員は上記2項に該当した場合に当社が「本サービス」上で提供していた全てのサービスならびにサービス提供履歴が完全に削除され、再度、利用登録を行った場合にも、削除前に提供していたサービスならびにサービス提供履歴は復元されないことに同意するものとします。

第5条(ユーザーIDおよびパスワード)

  • 1.登録会員は、ユーザーIDおよび会員が設定したパスワードを他人に使用させてはならないものとします。
  • 2.登録会員は、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に盗用されることのないよう善良な管理者の注意をもって管理するものとします。
  • 3.登録会員のユーザーIDおよびパスワードが使用された場合、当社は、当該使用を当該登録会員による使用とみなすことができるものとします。
  • 4.当社の責に帰すべからざる事由により、ユーザーIDまたはパスワードを第三者に盗用された場合、その結果生じた事態については、すべて登録会員がその責任を負うものとし、当社は一切責任を負いません。

第6条(第三者の損害)

  • 利用者が本サービスの利用に関して第三者に損害を生じさせた場合には、利用者の責任において解決し、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7条(禁止事項)

  • 本サービス上での以下の行為を禁止します。
  • (1)著作権等、他人の知的財産権を侵害する行為
  • (2)違法または公序良俗に反する行為
  • (3)他人の名誉・プライバシー権・肖像権その他の権利を侵害するおそれのある行為
  • (4)本サービスの運営を妨げる行為、または当社の信頼を損ねる行為
  • (5)本サービスに収録されているデータ、プログラムの一部または全部について、当社の書面による許諾を得ずに転載すること、第三者に送信、配布すること、製造、販売を目的に提供すること
  • (6)虚偽の情報を登録・入力すること
  • (7)その他、当社が妥当でないと判断する行為

第8条(サービスの中断、中止)

  • 1.設備の保守を行う場合、設備に生じた障害の復旧を行う場合、または地震、火災、洪水等の天災、その他の非常事態が生じた場合等、設備の運用上やむを得ない理由から、本サービスの中断が必要な場合、当社は自らの判断により、本サービスの全部または一部の提供を中断します。
  • 2.当社は、前項の規定により本サービスの提供を中断する場合、当社が運営する他のウェブサイトや本サービス上で告知するなど、当社が適当と判断する方法で、その旨を事前に通知または公表します。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。

第9条(責任範囲および免責)

  • 1.本サービスの利用もしくは利用不能またはサービスの中断により生じた登録会員のすべての損害・費用(逸失利益、データの消失・損壊、弁護士費用等を含みます)について、当該損害が当社の故意または重過失によるものでない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 2.当社は、本サービスを利用するために登録会員が使用する機器、ソフトウエア、通信回線等に関するサポートを行いません。また、当社は、当社が管理する機器およびソフトウエアの設定等が、登録会員の使用する機器、ソフトウエアまたは通信回線等に適合しない場合であっても、これらの変更、改変等を行う義務を負いません。
  • 3.本サービス上のコンテンツやURLは、予告なしに変更されることがあります。
  • 4.本サービス内に存在する掲示板等に書き込まれた内容に関しては、当社は一切の責任を負わないものとします。また、当社は書き込まれた内容が不適切な内容を含むと判断した場合には、事前に書き込んだ利用者に通告することなくその全部または一部を削除することがあります。
  • 5.本サービスの利用に関して、登録会員と他の登録会員または第三者の間に紛争が生じた場合には、登録会員は当該紛争を自らの費用と責任において解決し、当社に迷惑をかけないものとします。
  • 6.当社は、登録会員に予告することなく、本サービスの全部または一部を終了することができます。

第10条(本規約の変更)

  • 1.当社は、登録会員の承諾なく、本規約を変更できるものとします。
  • 2.当社は、本規約の変更を行った場合、当社が他の運営するウェブサイトや本サービスにこれを掲載するとともに、当社が適当と判断する方法を用いて登録会員に通知します。

第11条(「アクセスログ」等の取り扱い)

  • 1.当社は、登録会員のIPアドレス、当該IPアドレスから本サービスを利用した日時等の情報(以下「アクセスログ」といいます)を取得することができるものとします。
  • 2.アクセスログは、本サービスの向上のため、その他、問題発生時の原因究明、解決のために利用させていただくことがあります。また、当社は、「アクセスログ」を利用して統計的分析を行い、その結果得られた情報を一般公開する場合があります。

第12条(知的所有権および著作権等)

  • 本サービスに関する画像、ソフトウエア、データ等の知的所有権および著作権等のうち、特にことわりのない部分についての権利は当社に帰属します。著作権法に定めのある場合を除き、本サービス内の著作物を利用される場合には、当社の許諾が必要となります。

第13条(準拠法)

  • 本サービスに関する一切の事項については、日本国の法令を準拠法とします。

第14条(管轄裁判所)

  • 本契約に起因して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(協議事項)

  • 本規約に定めのない事項につき疑義が生じた場合は、関係法令および一般慣習に従い、双方誠意をもって協議し、解決するものとします。

無断で転載する行為は法律で禁じられています

ページの先頭に戻る