サポーターボード一覧

1,257件中141-160件を表示

表示件数20件 | 50件 | 100件

[2019年10月09日] ㈱みのり経営研究所
【みのり経営研究所】 Social Responsibility in a Polarized World
  弊社ホームページ、人事コラム「David Creelman from Canada ~ Secrets of Human-Capital Management ~」に連載中の記事をご紹介いたします。   10月のDavid Creelman from Canadaは、「...
[2019年10月02日] 株式会社 自分楽
動画で学ぶ!ミドル世代の「結晶性能力」の伸ばし方
  若年層教育とは違い、ミドル世代以降になると なかなか 新しいこと・やったことがないこと を覚えにくくなります。   これは 「流動性知能(流動性能力)」と呼ばれる 新しい知識を覚える能力が低下するためです。   そこで 中年世代以降は、今までの知識・経...
[2019年10月02日] ㈱プライムコンサルタント
☆中川恒彦氏(当社特別客員研究員)の「人事労務相談コーナー」第185回が掲載されました!☆
  ●第185回「時間外労働の限度時間について」   【ある経営者からの質問】 「労働時間の原則が1日8時間、1週40時間で、時間外労働の限度は通常、1か月45時間、1年360時間であること、通常予見することができない業務量の大幅な増加があった場合は1か月100時間未満、...
[2019年09月27日] ㈱みのり経営研究所
【みのり経営研究所】 セミナー開催のお知らせ 「役割の定義と実績評価の方法 ~働き方改革を支える人事制度~」
  2019年10月17日(木) みのりセミナー   役割の定義と実績評価の方法 ~働き方改革を支える人事制度~   開催のお知らせ   株式会社みのり経営研究所(みのり)では、10月17日(木)に、「役割の定義と実績評価の方法 ~働き方改革...
[2019年09月25日] 株式会社アクティブアンドカンパニー
MOONSHOT経営で会社を変える〜VUCAを乗り越える経営手法〜セミナー
組織活性化に特化したコンサルティングを行う(株)アクティブ アンド カンパニーは、MOONSHOT経営で会社を変える〜VUCAを乗り越える経営手法〜セミナーを、2019年10月18日 (金) に開催します。   ■変革が求められる時代、どのように成長戦略を描き、組織をマネジメントすべき...
[2019年09月17日] ㈱プライムコンサルタント
☆米田徹先生の「ホワイト企業の人事労務ワンポイント解説 ■第25回「労働時間の状況の把握義務と面接指導制度」が掲載されました☆
  米田徹氏「ホワイト企業の人事労務ワンポイント解説」 ■第25回「労働時間の状況の把握義務と面接指導制度」   【ある経営者からの質問】 当社では時間外手当対象外の管理職の勤怠は把握していませんでした。 働き方改革関連法で課せられた、管理職を含めた全員の労働時間の把...
[2019年09月13日] エーオン
エーオン、2019 Japan Benefits Study 調査結果を発表
リスク、退職給付・健康保険に関して幅広いソリューションを提供するリーディングカンパニーであるエーオングループの日本法人、エーオンヒューイットジャパン株式会社は2019年度版Japan Benefit Studyの調査結果を発表しました。 Japan Benefits Studyについて 本...
[2019年09月11日] 株式会社 自分楽
40・50代が磨きたい「自省力」とその効果
「生涯現役時代」 ミドル時代のキャリア開発はとても重要です。 そこで注目されているのが、高齢期になっても衰えない「結晶性能力」です。 「結晶性能力」とは、過去の知識・経験を活かす能力です。 新しいことを覚えるのが苦手になってゆく高齢期に「結晶性能力」は大きな武器になります。 &nb...
[2019年09月10日] ㈱プライムコンサルタント
☆駆け出し人事コンサルタントの学習・成長ブログ-25-【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】が掲載されました!☆
  ●第25回「労働契約の基本的枠組み」   前回は労災補償と民事損害賠償請求について学びました。 今回は労働契約の基本的枠組みについて紹介します。   労働契約は、使用者が労働者に働いてもらうための、また 労働者が使用者から賃金を受け取るための基本となる...
[2019年09月04日] ㈱みのり経営研究所
【みのり経営研究所】 Preparing for Augmented-Intelligence
  弊社ホームページ、人事コラム「David Creelman from Canada ~ Secrets of Human-Capital Management ~」に連載中の記事をご紹介いたします。   9月のDavid Creelman from Canadaは、「P...
[2019年09月03日] ㈱プライムコンサルタント
☆中川恒彦氏(当社特別客員研究員)の「人事労務相談コーナー」第184回が掲載されました!☆
  ●第184回「「時間外労働は2~6か月を平均して1か月あたり80時間を超えてはならない」の意味」   【ある経営者からの質問】   今回の労基法改正の内容で「1か月の時間外労働の上限は100時間未満」 という規制の内容はわかるのですが、「2~6か月を平均...
[2019年08月23日] ㈱みのり経営研究所
【みのり経営研究所】「富士通 高度人材に3000万円超の報酬」への疑問
  弊社ホームページ、人事コラム「ホットな話題コーナー」に最新記事を掲載しました。   第39回 「富士通 高度人材に3000万円超の報酬」への疑問 毎日新聞8月8日付けで「富士通 高度人材に3000万円超の報酬 今年度中にも新たな人事制度」という記事が出て...
[2019年08月23日] ㈱みのり経営研究所
【みのり経営研究所】 Bumps on the road to evidence-based HR
  弊社ホームページ、人事コラム「David Creelman from Canada ~ Secrets of Human-Capital Management ~」に連載中の記事をご紹介いたします。   8月のDavid Creelman from Canadaは、「B...
[2019年08月19日] ㈱プライムコンサルタント
☆米田徹先生の「ホワイト企業の人事労務ワンポイント解説 ■第24回「働き方改革と就業規則の見直しについて」が掲載されました☆
  米田徹氏「ホワイト企業の人事労務ワンポイント解説」 ■第24回「働き方改革と就業規則の見直しについて」   【ある経営者からの質問】 働き方改革の法律が施行されましたが、それに伴い 就業規則の改定が必要と聞きました。見直しのポイント を教えてください。 &nb...
[2019年08月09日] 株式会社アクティブアンドカンパニー
【無料】新入社員の主体性を育む「前に出る力」強化研修体験会
組織活性化に特化したコンサルティングを行う(株)アクティブ アンド カンパニーは、新入社員の「主体性」を育む『前に出る力』強化研修 体験会を、10/16 (水) に開催します。   経団連が毎年発表する「新卒採用に関するアンケート調査」の 「選考にあたって特に重視した点」によると「主体...
[2019年08月07日] ㈱プライムコンサルタント
☆駆け出し人事コンサルタントの学習・成長ブログ-24-【強い組織を作る!人材活用・評価・報酬の勘どころ】が掲載されました!☆
  ●第24回「労災補償と労働安全衛生2」   前回は労災補償のシステムについて学びました。 今回は労災補償と民事損害賠償請求について紹介します。 まず、労災保険の背景に振り返った後、労災保険給付と 損害賠償の関係について見ていきます。労災保険給付が あれば企業は労...
[2019年08月06日] 株式会社アクティブアンドカンパニー
【無料】いまからでも遅くない「同一労働・同一賃金」対策セミナー
組織活性化に特化したコンサルティングを行う(株)アクティブ アンド カンパニーは、いまからでも遅くない「同一労働・同一賃金」対策セミナーを、9/26 (木) に開催します。   皆様の会社では、以下のようなことが起きていませんか? 「同一労働・同一賃金」への対応が必須とは理解している...
[2019年08月06日] 株式会社アクティブアンドカンパニー
マイナビより「サイレコ」成長資金の調達を実施
株式会社アクティブ アンド カンパニー(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 兼 CEO:大野順也)は、当社のクラウド型・組織戦略システム HR オートメーションシステム「サイレコ」(以下、サイレコ)の成長資金を、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 中川信行)より、第三者割当増資...
[2019年07月31日] 株式会社 自分楽
キャリアの見直し研修は「40歳」の理由
人生100年時代と言われる昨今ながら「定年後の棚卸」では間に合いません。 企業においては、40歳、45歳、50歳、・・・いろいろな区切りをつけています。 最適なのは 40歳です。理由は以下の五つが挙げられます。   1 キャリアクライシス・・・今まで積み重ねてきたキャリアが通用しな...
[2019年07月30日] ㈱プライムコンサルタント
☆中川恒彦氏(当社特別客員研究員)の「人事労務相談コーナー」第183回が掲載されました!☆
  ●第183回「『通常予見することのできない業務量の大幅な増加』とは」   【ある経営者からの質問】 今回改正された労働基準法では、月45時間、年360時間という時間外 労働の限度時間を超えることができる場合について、「当該事業場に おける通常予見することのできない...

表示件数20件 | 50件 | 100件