サポーターボード一覧

0人がフォローしています。

株式会社 自分楽

32件中1-20件を表示

表示件数20件

[2021年10月13日] 株式会社 自分楽
40代からのキャリア開発に生かす「SOC理論」
記憶力低下、体力低下…・しかし、責務はどんどん重くなる。 40代の特徴です。ところが、企業におけるキャリア開発は、この「衰える能力」を無視して伸びしろばかりに注目し、それを期待しています。 これでは、キャリア開発が逆効果となり、つぶれされてしまいます。 では、どうしたらよいのか&...
[2021年09月01日] 株式会社 自分楽
できなかった「新入社員研修」で教えるべきこととは何か?
  今年・一昨年とは新型コロナウイルスの影響により 新入社員研修ができなかった企業もたくさんありました。   産労総合研究所調査が2020年4月に行った著祭によると、 「導入研修のプログラム内容の習得内容・要素をやむなく減らせた」 という企業は 6割にも上っています。...
[2021年05月25日] 株式会社 自分楽
キャリアコンサルタント 資格取得後に求められる能力・更新講習
企業の人事・労務担当者の方に「キャリアコンサルタント」の資格取得者が増えています。 この資格更新のためには、厚生労働省の指定講座を受講することが義務付けられています。 一度取得したら、後はそのままでも大丈夫…ではないことが、国家資格の重さかもしれません。   さて、更...
[2021年03月30日] 株式会社 自分楽
70歳雇用延長の対策とは?
2021年4月1日から、改正高齢者雇用安定法が施行されます。 ラジオでも、このテーマを取り上げることが多く 東京FM 新番組「ニュース サピックス」20:00-21:00 では 特集を組んでいます。ご参考にしてはいかがでしょうか。 私も、ジェロントロジーを生かしたシニア対応のお話をさせていた...
[2020年10月08日] 株式会社 自分楽
雇用延長・再雇用者のキャリアコンサルティングをどうするか?
「モチベーションが下がった」 「いまさら、社員研修と言っても何をさせたらよいのか?」 シニア社員の方達の対応に悩む、人事・労務担当者は多いものです。 新卒採用と同様に、資格や給与に重きを置いて、行っていませんか? これでは、効果が出ません。   そこで見直したいのが、キャリ...
[2020年06月24日] 株式会社 自分楽
50代人材の能力開発と活躍支援
ミドルというには年齢が上、シニアには、まだ間がある。職場では、上級管理職で、それなりの成果を出してほしい…。こんな50代ではありますが、では、一体、どのような能力開発・研修をしたらよいのでしょうか。今回、ご紹介するのは、「選択最適化補償理論」です。これは、弊社の専門分野である「ジェロン...
[2020年05月22日] 株式会社 自分楽
イーラーニングで学ぶ  テレワーク時代りの「働き方改革」(ドリル)
緊急事態宣言の影響を受け、労働時間が激減しました。そこで問題となるのが、「賃金が上がらない」「育児・家事時間が増えた」このような中で、働き方改革をどのように進めたらよいのでしょうか? いままで、私たちは、労働時間の短縮、有給休暇の日数、賃金、部下の人数など、量的尺度で豊かさを図っていました。し...
[2020年03月25日] 株式会社 自分楽
なぜ、企業の人材教育・取り組みがSDGsに結び付けられないのか。
2月に 「高齢者雇用を生かしたSDGsへの取り組み」 について、 公開講座をいたしました。 パートナーは、SDGsの第三者評価を行っている、監査法人です。   参加者の皆さんは、一生懸命に 持続可能な企業・社会の 仕組みを創ろうとしていますが なかなかうまくいきません。 &nb...
[2020年03月04日] 株式会社 自分楽
コロナ・インフルエンザに負けない「ミドル世代のキャリア開発サポート」
企業研修の中止・延期がウイルスの飛沫に合わせて、猛威を振るっています。実は、一度、教育のチャンスを逃してしまうと、後からのフォローは、とても難しくなります。その理由は、仕事の内容、本人の必要性・成熟度が変わるからです。そこで、集合教育をしなくても、人材教育を継続できた事例を、ご紹介いたします。 ...
[2019年10月24日] 株式会社 自分楽
シニア採用の悩みと、解決策(ジェロントロジーを生かして)
「シニア人材の採用」 ここには、3つの悩みが込められています。1採用そのものの、具体的な方法。2採用後の定着化。3採用後に任せる仕事。番外編として、異世代間のコミュニケーション。 原因は、企業側がシニア世代の特徴や若年層との違いを把握していないこと。「違うことは、解っている」さて、それは...
[2019年10月10日] 株式会社 自分楽
「産業ジェロントロジーアドバイザー」活躍事例
「産業ジェロントロジーアドバイザー」活躍企業事例   シニア就労の場を増やす…。 私たちが企業活動を通じて、取り組むべき課題です。 ところで、自社の人材教育に目を向ける企業は多いのですが 今回は、お客様の信頼獲得・売り上げアップにも貢献した、 ユニークな成功事...
[2019年10月02日] 株式会社 自分楽
動画で学ぶ!ミドル世代の「結晶性能力」の伸ばし方
  若年層教育とは違い、ミドル世代以降になると なかなか 新しいこと・やったことがないこと を覚えにくくなります。   これは 「流動性知能(流動性能力)」と呼ばれる 新しい知識を覚える能力が低下するためです。   そこで 中年世代以降は、今までの知識・経...
[2019年09月11日] 株式会社 自分楽
40・50代が磨きたい「自省力」とその効果
「生涯現役時代」 ミドル時代のキャリア開発はとても重要です。 そこで注目されているのが、高齢期になっても衰えない「結晶性能力」です。 「結晶性能力」とは、過去の知識・経験を活かす能力です。 新しいことを覚えるのが苦手になってゆく高齢期に「結晶性能力」は大きな武器になります。 &nb...
[2019年07月31日] 株式会社 自分楽
キャリアの見直し研修は「40歳」の理由
人生100年時代と言われる昨今ながら「定年後の棚卸」では間に合いません。 企業においては、40歳、45歳、50歳、・・・いろいろな区切りをつけています。 最適なのは 40歳です。理由は以下の五つが挙げられます。   1 キャリアクライシス・・・今まで積み重ねてきたキャリアが通用しな...
[2019年07月04日] 株式会社 自分楽
「シニアの特性を活用」産経新聞 取材記事掲載(自分楽)
弊社代表取締役 崎山みゆきが GERONTOLOGYの視点から シニアの能力開発・活用 について、産経新聞「日本の議論」から取材。 記事が紹介されました。   ポイントは以下です。 1 継続雇用年齢加瀬もたらせた現場の声 ・シニア世代のモチベーションが低い ・正直なところ、何...
[2019年06月12日] 株式会社 自分楽
産業ジェロントロジーと「高齢者雇用をめぐる課題と展望」生産性新聞 
  2019年6月5日 生産性新聞にて「産業ジェロントロジー」という視点から、 シニア雇用のポイントご紹介いたしました。   産業ジェロントロジーとは、老年学の研究成果を、産業分野に活かすものです。 弊社は、2000年頃から取り組んでいます。 以下に、シニアの能力を活...
[2019年02月06日] 株式会社 自分楽
東京都がシニア採用の賃金サポート 自分楽も採用・教育に協力
  東京都 「キャリアトライアル65」   企業の人材不足と、シニア世代の就労支援を いかにして結びつけるか? その解決策の一つとして、東京都が取り組んでいるのが「キャリアトライアル65」です。 65歳以上の方を採用した場合、企業に対して、その賃金を補助するというもの...
[2018年09月12日] 株式会社 自分楽
「40歳代のためのストレス対策」内閣官房にて実施
内閣官房では、全省庁の40代の方を対象にキャリア開発研修を行っています。パンフレット   大きな特徴を 三つご紹介いたします。 1 キャリアプランはグループワークを導入2健康のために「メンタルヘルス・ストレス対策」 を導入 3 マネープランは、40代ならではの教育費・住宅費にフォー...
[2018年08月22日] 株式会社 自分楽
「東京セカンドキャリア大学」の特徴ご紹介と、弊社代表崎山 登壇のご報告
新しい仕事にチャレンジする意欲あるシニアのための、学びの場を提供するために、東京都は以下の事業を10月より開始いたします。 ↓ 「東京セカンドキャリア大学」   特徴(特長)は、資格取得・再就職だけにこだわらず、多様な可能性を見出そうというコンセプトです。  ...
[2018年08月16日] 株式会社 自分楽
シニアSE「年齢差別の打開策」を日経コンピューターにて紹介
  「30代前半までの、上流工程ができる人をお願いします」 こんなセリフが、未だに交わされています。 若いエンジニアが好まれる理由は、技術力・体力だけではありません。 日本社会における「エイジズム」=年齢差別 によるものです。   弊社代表取締役 崎山が、以下にて、シ...

表示件数20件