自ら成長する人材の育成 『2022年度 新入社員研修』【2日間】

セミナー概要

新入社員にとって仕事は未知な体験の連続です。また、働き方が多様化する中では、仕事を習得する難易度は、以前とは比べ物にならないほど高くなっていると言えます。この新入社員研修は、理論と実践を体験しながら学習していく「行動科学」と「心理学」に基づいた体験型プログラムです。

求められるのは、様々な体験から自ら主体的に学びとっていく“自動巻き”人材です。この研修では、ビジネスの基本となるコミュニケーションやPDCAは勿論、オンラインやメールのマナーなど、より即効性のあるテーマを中心に網羅的に学び、配属先の先輩社員が触発されるような新入社員を目指します。

 

≪詳しくはリーフレットをご参照ください≫

セミナー内容

 

 

新入社員研修

2日間コース

  

自ら成長する人材の育成

 『2022年度 新入社員研修』【2日間】

 

 「アフターコロナにマッチ」した本プログラムの4つのポイント

①自ら学びとる力を身に付ける 

働き方が多様化し育成の難易度が上がっています。研修全体を通じて「自ら主体的に先輩・上司に関わり、創造的に仕事に取組むこと」の大切さを学びます。

 

②職場での応用力が身に付く

表面的な形だけを学ぶのでなく、目的や成り立ち、理論背景まで納得できる状態で理解していきます。目的指向型の教育プログラムです。

 

③行動転化しやすい構造

ラボラトリートレーニング技法(体験学習)を基軸としたプログラム設計で、職場の疑似体験を通じてリアルに再現。実践イメージを確実にします。

 

④他社の新入社員との同期づくり

自然な流れで人間関係が深まるプログラム構造により、他社の新入社員との同期意識が芽生えます。社外の同期社員として連帯感をつくります。

 

 

■新入社員導入研修で取り扱う学びのテーマ(抜粋)  

 1.社会人としての心構え
 2.社会人のコミュニケーション
 3.指示の受け方
 4.報告・連絡・相談の仕方 
 5.時間(期限設定)の大切さ
 6.主体的に仕事に関わる姿勢
 7.リーダーシップとフォロワーシップ
 8.組織での仕事の進め方
 9.競争意識・成果へのこだわり
10.チャレンジ=成長

11.ビジネスマナーの意義
12.社会人の身だしなみ
13.挨拶・お辞儀の基本
14.挨拶・お辞儀の実践練習
15.PDCA
16.チームワーク
17.目標設定の大切さ
18.振り返ることの大切さ
19.一生懸命取り組むこと
20.失敗から学ぶ大切さ

21.電話のかけ方
22.電話の受け方
23.電話ロールプレイ
24.伝言の仕方/メモの取り方
25.お客様のお出迎え
26.お客様の案内
27.お客様の応対・応接
28.名刺交換の仕方
29.基本的な席次
30.成長のサイクル

 

※スーツ着用・筆記用具をご持参のうえご参加ください。

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ