【ZOOM開催】人事担当者が押さえておくべき『メンタルヘルスの実務対応』《応用編》

セミナー概要

本講座は、毎年森本講師が実施している「人事担当者が押さえておくべき『メンタルヘルスの適切な対応・対策』」の応用編という位置づけで、実際に起こっている難解事例への対応力を身につけることを目的にしています。
6月に開催した「メンタルヘルスの適切な対応・対策」セミナーのエッセンスを解説しながら、具体的な事例を使ってワーク形式で 悩ましい事例・困難な事例への対応力を身につけられます。既にメンタルヘルス対策の基本事項を理解している方には、実践的な本講座がお勧めです。
※今回は事前質問も受け付けます。匿名にして回答しますので、自社の悩ましい事例をお寄せください。

 

本講義は、Zoomを利用してWebで配信いたします。

Zoomミーティングセミナーは、講師および参加者全員が画面を共有する講座です。

ビデオとオーディオをご自身でON/OFFに設定して参加します。

なお、本講座は、ビデオON、オーディオONで実施いたしますので、

ご参加いただく際は、ご自身で切り替えをお願いします。

 

参加準備はこちらをご確認ください。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

 

【本講座のポイント】

➀人事担当者として必須知識である休職・復職対応への理解を深める
②事例の中で難易度が高い事例への対応力を身につける
③事前質問を受け付け、受講者の直面している課題に講師が答えます

 

 

 

セミナー内容

発展講座群

 

《ZOOM開催》

社会保険労務士/公認心理師資格を持つ産業医が語る
人事担当者が押さえておくべき

   『メンタルヘルスの実務対応』《応用編》
 ~悩ましい事例・対応困難な事例を中心に実践的な対応策を身につける~

 

<主な内容> 

 

 

Ⅰ 休職・復職対応の基本(ダイジェスト)
1.病気で働けない状態は休んでもらう
2.復職時に最低限確認すべき事項
3.復職の際に活用できる社外機関と復職対応


Ⅱ 悩ましい事例、対応困難な事例の解説
1.復帰しても来るのがやっとで仕事ができない
2.休職期間満了直前の駆け込み復職にどう対応するか
3.就業配慮を希望し診断書を提出するが 会社として配慮できるレベルを超えている
4.障害者雇用として採用したが、毎月のように休む


Ⅲ 事前質問・当日質問への回答
1.事前にお寄せいただいた事例について回答します
2.当日のご質問も受け付けます
(事前質問を優先して回答します)
 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ