• 【無料WEBセミナー】審査員が納得する事業計画を書くための“正しい”SWOT分析入門
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 講師:分才 敦史
  • 開催日:2021年07月16日~2021年07月31日
  • 販売・サービス提供社
    ㈱新経営サービス
    人事戦略研究所
    問合せ先
    〒600-8102
    京都府  京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
    TEL.0753430770

  • 価格:無料
  • 受付終了

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

資料請求する
すぐ問い合わせする
一括で問い合わせする
商品情報

【事業再構築補助金】審査員が納得する事業計画を書くための“正しい”SWOT分析入門


~あなたのSWOT分析、まちがってますよ!~

売上が減少した企業の再浮上を支援する「事業再構築補助金」。
言うに及ばず、2021年度の中小企業支援の目玉施策です。

事業の“再構築”がテーマとなるため、審査員に「この事業計画であれば、再浮上の可能性が高い」と思ってもらえるかどうかが採択の分かれ目となります。
つまり、新たに取り組みを予定する事業が、競合に対して優位性を発揮でき、いかに自社の業績向上に有効な事業であるかということを論理的且つ説得力ある筋書きで説明することが求められます。
そのために重要になってくるのがSWOT分析です。SWOT分析自体はとても有名な手法ですが、実は非常に多くの方が使い方自体を間違えていて、ほとんど意味のない、もしくは事業を失敗に導きかねない分析を行ってしまっています。

そこで今回は、審査員が納得する事業計画を書くための“正しい”SWOT分析についてお話しいたします。

 

《内容》

■説得力ある事業計画を書けないわけ

 

■SWOT分析の基本

 

■その分析方法、間違ってます!

 

 

■正しく分析を行えば、事業計画に自信を持てる

 

《配信期間》

2021年07月16日(金) ~ 2021年07月31日(土)

 

《視聴時間》

約15分

 

《講師》

分才 敦史(㈱新経営サービス  経営支援部 コンサルタント)

大学卒業後、総合広告会社に勤務。TV、新聞、雑誌、ラジオといった4マス媒体やデジタルメディア、ODM(アウトドアメディア)、展示会、イベント、コンベンション等、あらゆる顧客接点を活用し、各業界を代表する大手企業のマーケティング課題解決に従事。 17年間の広告宣伝業務経験を経た後、中小企業の経営支援を志し、新経営サービスに入社。丁寧で細やかな対応をモットーに、中小企業のマーケティング支援、ブランディング支援をメインテーマとして活動している。

中小企業診断士/ウェブ解析士

 

 

 ◆セミナーのお申し込みは、ページ上部にある「すぐ問い合わせする」をクリックして頂き、通信欄に

・会社名

・メールアドレス

・会社電話番号

をご記入下さい。

追って担当者より視聴URLをお送りさせていただきます。

 

◆配信期間中は、いつでもご覧いただけます。 

 

■参加条件■

 

①同業他社の方でないこと

②ご参加者が所属される企業(自営業の方も含め)が実際に営業をされていること

※セミナーの性質上、同業他社の方、実際に営業していない企業(自営業含む)様のご視聴はお断りさせていただいておりますので予めご了承下さい。

 

「㈱新経営サービス」 会社概要

所在地:〒600-8102 京都府 京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
TEL:0753430770
URL:http://jinji.jp/

3人がフォローしています。

取り扱い商品・サービス
人事評価制度を徹底活用して、管理者のレベルアップをはかる!
【オンラインセミナー】≪2021年度最新版≫人事制度に関するお悩み解消セミナー
【無料WEBセミナー】1からはじめる「65歳定年延長・70歳継続雇用」
【無料WEBセミナー】コロナ禍で待ったなし!人件費高騰リスクに対応する人事制度改定ノウハウ
役割等級制度による賃金改革セミナー
2021年度最新版! 評価・賃金制度 「31の悩み」 解決セミナー【中小企業版】
2021年度最新版! 評価・賃金制度 「31の悩み」 解決セミナー【中小企業版】
【無料WEBセミナー】卸売業のための、人事制度セミナー(中小企業版)
【無料WEBセミナー】ジョブ型人事制度の導入に向けた「職務分析と職務評価」の実施方法
大型補助金が採択される「商品・サービス」&「事業計画」のつくり方
大型補助金が採択される「商品・サービス」&「事業計画」のつくり方
人事制度を活用し、社員の将来を見える化するための1日セミナー
事例解説 1からはじめる「65歳定年延長・70歳継続雇用」人事制度改革
事例解説 1からはじめる「65歳定年延長・70歳継続雇用」人事制度改革
新2:6:2の法則 幹部人材を鍛えることが中小企業は最重要課題!