『ジョブ型雇用時代における「自社型」人材マネジメントを丁寧に考える』【半日】WEBセミナー

セミナー概要

「ジョブ型雇用」という言葉を毎日のように新聞やWEB記事で目にするようになりました。ただし、それらの多くは”専門家”による机上の知識の産物に過ぎず、読み手に誤解を与えかねない内容がほとんどです。本講座では、日本企業の北米法人でジョブ型雇用の労働社会における人事部門長経験を有する講師が、自社に適した形でジョブ型雇用を人材マネジメントに組み入れるための正しい知識とノウハウについて、分かりやすく丁寧に解説します。

 


本講義は、Zoom(ウェビナー)を利用して配信いたします。

ご参加に伴い下記URLをご確認ください。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

 

【本講座のポイント】

➀ジョブ型雇用の基本的な考え方を正しく理解できます
②ジョブ型雇用を自社に適した形で組み入れるための検討視点を習得できます
③ジョブディスクリプション整備や職務評価など、ジョブ型雇用の実務ノウハウを学べます

セミナー内容

発展講座群

 

 《ZOOM開催》

ジョブ型雇用を経験した元人事部門長が解説
『ジョブ型雇用時代における

   「自社型」人材マネジメントを丁寧に考える』【半日】
~正しい理解で自社に適したジョブ型雇用をじっくり考察する~

 

<主な内容>

Ⅰ ジョブ型雇用を正しく理解する
1.ジョブ型雇用とは?
2.ジョブ型雇用とジョブ型人事制度の違い
3.ジョブ型雇用の8つの特徴
4.日本企業からジョブ型雇用に注目が集まる理由

Ⅱ これまでの日本型雇用を振り返る
1.日本型雇用の戦後史
2.日本型雇用を構成する7つの要素
3.日本型雇用のメリットとデメリット


Ⅲ 自社に適したジョブ型雇用の方向性を検討する
1.ジョブ型雇用のメリットとデメリット
2.ジョブ型雇用時代における「自社型」人材マネジメントの方向性
3.ジョブ型雇用の組み入れ方法4タイプ
4.「自社型」人材マネジメントの構築事例


Ⅳ ジョブ型雇用を組み入れた人事制度を考察する
1.ジョブ型雇用の組み入れに伴う要検討事項
2.ジョブディスクリプションの整備プロセス
3.職務価値を見える化するための職務評価
4.職務主義の基幹人事制度(等級・評価・報酬)設計

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。

 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ