【ZOOM開催】自社でできる『新任マネージャー研修の内製化』

セミナー概要

旧態然とした新任管理職研修を実施されていないでしょうか?仕事のやり方が大きく様変わりして、いまやマネージャーといえども、90%以上がプレイングマネージャーです。ポイントは何かと言うと、『マネジメント』を「管理」ととらえるのではなく、「やりくり」ととらえさせることです。
従来型の新任研修では、『マネジメント』を「管理」ととらえさせてしまうため『面倒くさいもの』『本業を邪魔するもの』と捉えがちです。この典型が評価業務です。そうではなく『マネジメント』を「やりくり」と捉えれば、『成果を上げるためのツール』『儲けるための方法論』という考え方になります。そのための研修構成・資料等々を大量公開します。即自社に活かせる内容です。

 

本講義は、Zoomを利用してWebで配信いたします。

Zoomミーティングセミナーは、講師および参加者全員が画面を共有する講座です。

ビデオとオーディオをご自身でON/OFFに設定して参加します。

ご参加いただく際は、ご自身で切り替えをお願いします。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

 

【本講座のポイント】

➀自社の新任課長研修/係長研修にすぐに使えます

②テキストやパワポも自社向きに書き換えがOKです

セミナー内容

発展講座群

 

≪ZOOMセミナー≫

自社でできる
『新任マネージャー研修の内製化』

  ~新しい時代に、これだけは伝えておこう~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ. はじめに...新しい時代の新任管理職研修にはずせない要素
 ・『マネジメント』は「管理」ではなく「やりくり」
 ・マネジメントすることのやりがい・面白さを伝える
 ・リーダーシップ/マネジメントの本質を体感する

 

Ⅱ. 盛り込みたい5つの要素
 ①業務分析➡投資の時間をつくる大事さ
 ②3大任務➡そもそもマネージャーは何をする人か
 ③行動分析➡あるべき行動の提示
 ④自分プロジェクト➡仕掛ける仕事をする
 ⑤自己成長を考える➡多読の重要性、『部下ノート』記録することの大事さ

 

Ⅲ. モデルプランの提示
 ・プランA:マネージャー自身の行動変容に重点を置いたカリキュラム
 ・プランB:部下との関係力向上に重点を置いたカリキュラム
 ・設計の勘所とコツ

Ⅳ. 作成実習 
 各社リフォーム設計図の作成=1枚のフォームにまとめてみる

 

Ⅴ. 人材開発担当者が持っておきたいリテラシー
 ①研修コンセプトの明確化力
 ②プログラムの設計立案力
 ③研修の進行運営力

 

Ⅵ. まとめ
 運用上の注意

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ