『人事制度の現状分析技術』

セミナー概要

本講座は、自社の人事制度の分析・課題抽出するための知識・スキルを学びます。これまでも「頭が整理される」「実践的」とご好評頂いていますが、この度、最近の課題・トレンドを織り込み全面リニューアルしています。講座は特定の主義には偏らず、「最適な人事制度のあり方は各社によって異なる」という立場から、フラットな分析を行う目を養います。制度企画・運用の実務家の方から、人事戦略を統括する方まで幅広く役立つ内容です。

 

【本講座のポイント】

➀人事制度改定前に、自社の制度の課題を分析する実践的なスキルが学べます
②人事制度を分析する際に注目したい最新トレンドが整理できます
➂本格的に勉強したい方に最適。人事制度の急所を体系的に理解できます

セミナー内容

発展講座群

 


 最新トレンドを踏まえ全面リニューアル

『人事制度の現状分析技術』
  ~理論×事例で人事制度の課題を見抜くコツをスピード理解!~

  

 

<主な内容> 

Ⅰ 人事制度分析のベースづくり
1.「これまで」の人事の歴史と「これから」のトレンド
2. 経営において人事制度が果たす役割
3. 制度分析の質を分ける着眼点(経営目線と人事目線)
4. 人事制度分析の具体的なステップと報告書のイメージ

Ⅱ 人事制度のあるべき姿を考えるためのヒント
1.人材戦略の基本スタンスの変化
2.「ジョブ型」議論の本質を整理する
3. 多様化する社員の「やる気」とのつきあい方
4. 人材を「不良在庫化」を回避する青写真 等

Ⅲ 等級制度を分析する技術
1.等級が果たす役割
2. 等級制度のパターン分類
3. 等級制度の成功・失敗イメージを持つ
4.等級制度を分析する観点とその方法 等


Ⅳ 評価制度を分析する技術
1.評価制度のポイントとパターン分類
2. 評価が回らな定番10の場面
3.評価制度の新しい潮流
4.評価を分析する視点とその方法 等


Ⅴ 報酬制度を分析する技術
1.報酬制度設計の基本ステップの確認
2. 報酬戦略と制度のパターン
3.報酬を分析する視点とその方法 等
4.簡易的な要員・人件費分析 等

 

Ⅵ 分析結果を分かりやすいレポートにまとめる
1.レポートの構成の例
2.レポートの分かりやすさを上げる3つの技術
3.現状分析結果を評価するチェックリスト等

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ