【ZOOM開催】『日米職務環境の相違と米国採用社員との相互理解促進のためのセミナー』

セミナー概要

 参加者が事務所からでも自宅からでも参加できるようZoomを利用します。オンラインで実施しますが、受講者の参加意識を高めていただくために、セミナーの中で講師から講義中に質問を出し、参加者それぞれに無記名で回答してもらいます。回答はその場で集計し結果を参加者にフィードバックします。インターネットにつながるPCがあればどこからでも一人一人別々に受講できます。

 

≪詳しくはリーフレットをご参照ください≫

 

 

本講義は、Zoom(ウェビナー)を利用して配信いたします。

ご参加に伴い下記URLをご確認ください。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar



【本講座のポイント】

①米国採用社員との相互理解を促進するための15 の方策。
②米国雇用法と日本の雇用法の比較とその違いがもたらす働き方への影響
③職場における米国人の考え方を理解するための米国雇用法の基礎知識

セミナー内容

発展講座群

 

《ZOOMセミナー》

ZOOM開催!米国新規赴任予定者のための米国雇用法弁護士による
『日米職務環境の相違と米国採用社員との

        相互理解促進のためのセミナー』
~日米雇用法の相違に基づく米国での働き方に関する解説~

 

 

<主な内容

Ⅰ. 米国と日本の基本的な相違
国家の構成・成り立ちにおける日米の根本的相違

 

Ⅱ. 厳罰主義の国
1.懲罰的賠償金

2.嘘と情報隠蔽に厳しい国 

3.企業犯罪に厳しい国 

4.企業内告発

5.E-Mailに関する注意 

 

Ⅲ. 日米社員が互いに感じる職場での不満
日本人駐在員が米国採用のExempt社員の働き方に対し感じるフラストレーションと

米国採用社員が日本人の職場での言動に対し感じるフラストレーション

 

Ⅳ. 日米の雇用法の最大の相違点
年齢による差別禁止法と定年制度の有無、Emloyment at Willと解雇権濫用の禁止

 

Ⅴ. 日米社員間の相互理解促進
コミュニケーションの改善と相互理解促進のための15の方策ならびに

駐在員予定者が事前に読むべき本と参考になるYouTubeリンク

 

Ⅵ.  連邦雇用差別禁止法
Title VII of the Civil Rights Act of 1964等の連邦差別禁止法の解説と重要な判例の説明

 

Ⅶ. ハラスメント防止と法律問題
米国の会社内におけるハラスメント防止対策と日本人駐在員として特に注意しなければならないこと。

 

Ⅷ. 米国での生活上の注意事項
飲酒に関する厳格な州法と日常生活の中で気をつけなければならない銃や麻薬に関する注意事項

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。