『65歳定年延長の実務対応』【半日】

セミナー概要

バブル入社世代が本格的なシニア層になろうとしている現在、若年労働者数の減少を補う観点からも、定年延長によりシニア社員のモチベーションを維持し、安定的に労働力の確保を図る企業が増えています。改正高年齢者雇用安定法による70歳就業機会の確保、国家公務員の定年延長等の法改正動向も踏まえ、定年制度の見直しは企業にとって喫緊の課題となっています。本講座では、定年延長を実施する際の実務対応の全体の流れ、課題、留意点等について具体的な事例も交えながら、わかりやすく解説します。

 

【本講座のポイント】

①定年延長の実務対応の全体像がわかる
②自社で定年延長を行う際の検討項目、課題をわかりやすく整理
③改定事例で具体的な制度設計のポイントがつかめる

 

セミナー内容

発展講座群

 

定年延長を行う際の実務上の論点、課題を整理
『65歳定年延長の実務対応』【半日】
  ~実施前の準備、定年延長の実務、給与・退職給付制度の改定~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 定年延長をめぐる現状
1.高年齢者雇用の動向、定年延長の実施割合の推移
2.高年齢者雇用安定法の改正(70歳就業機会の確保)
3.国家公務員法等の改正(65歳定年引き上げ)

Ⅱ 制度実施前に確認、対応すべきこと
1.定年延長のメリット、デメリット
2.現状把握、課題の整理
3.人件費シミュレーション
4.自社人事制度における定年延長との適合性、見直し

Ⅲ 定年延長の実務
1.基本方針の整理
2.全体の検討項目、実施スケジュール
3.再雇用制度から65歳定年への移行パターン
4.60歳前後の処遇の連続性
5.役職定年の扱い
6.60歳以降の勤務形態
7.現再雇用者の処遇、経過措置
8.65歳以降の継続雇用

Ⅳ 給与制度
1.等級区分、コースの設定
2.基本給設計の考え方
3.人事評価、昇給の扱い
4.賞与の支給基準

Ⅴ 退職給付制度
1.制度変更パターン
2.支給時期
3.積立期間、勤続年数、支給係数・ポイントの扱い
4.定年延長に伴う経過措置

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。