『事例を通じたハラスメントの理解と予防策・事後対応の留意点』【半日】WEBセミナー

セミナー概要

パワハラ防止措置を義務づける関連法が成立し、2020年6月に施行されました(中小企業は2022年4月から)。パワハラの内容の周知や適切な事後対応など、企業は社内対応を進める必要があります。本講座では、具体的な事例を基にパワハラと業務指導とのボーダーラインについて理解を深めるとともに、職場で問題となるセクハラ、マタハラ、ならびにコロナ禍特有のリモートハラスメント(リモハラ)等の新しいハラスメントも取り上げます。そのうえで、社内で求められるハラスメント対策と発生時の事後対応の留意点を整理します。今後、社内でハラスメント対策を展開していく担当者の方にお勧めです。ぜひご参加ください。

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru

 

 

【本講座のポイント】

➀具体的な行為や事例を基にハラスメントの問題を深く理解できる
➁リモハラ、ソジハラ、カスハラ等の新しいハラスメントの傾向も分かる
③相談対応やハラスメントの事後対応のポイントが整理できる

セミナー内容

発展講座群

 

《WEBセミナー》

ハラスメント対策で知っておきたい
『事例を通じたハラスメントの

    理解と予防策・事後対応の留意点』【半日】
~近年のハラスメントの傾向と必要な社内対応をまとめて理解~

 

<主な内容>

Ⅰ ハラスメント対策が求められる背景
1.労働紛争内容の変化
2.精神障害の労災請求件数
3.ハラスメントの労災認定基準の考え方
4.企業の安全配慮義務


Ⅱ パワハラの防止
1.パワハラ防止措置に関する法改正のポイント
2.パワハラ防止指針の考え方
3.近年の裁判例、問題行為例
4.性的指向・性自認に関するハラスメント(ソジハラ)、カスタマーハラスメント(カスハラ)
5.グレーゾーンの事例検討を通じたパワハラと業務範囲との線引き


Ⅲ セクハラ、リモハラ、マタハラの防止
1.セクハラの行為例、自覚のない言動
2.コロナ禍特有のリモートハラスメント事例
3.マタハラの考え方、問題となる言動、不利益取扱い
4.妊娠中、育児中の社員に対する労務管理上の留意点


Ⅳ ハラスメント防止対策と事後対応
1.ハラスメント対策の工程
2.就業規則・ガイドラインで規定する際の留意点
3.部下から相談を受けたときの上司の初動対応
4.社内相談窓口の運用、相談対応
5.事実関係調査、処分の決定・実施
6.ハラスメント研修のポイント

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。

 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ