『民法・会社法の基礎知識』

セミナー概要

労働契約や不法行為については「民法」に規定があり、より深く労働法令を理解するためには、基礎である民法を知ることが重要です。2020年4月1日から債権法改正が施行されるため、これに向けた対応も視野に入れておく必要があります。また、労働時間管理が役員の責任に影響するなど「会社法」の知識も不可欠となっています。
本講座では、人事担当者として実務的に必要な民法・会社法の基礎知識について、わかりやすく解説します。

 

【本講座のポイント】

①労務管理上、民法の知識が必要となった場合に自信をもって対応できる 
②会社の機関を知ることで、社内組織の権限分配が理解できる 
③実務上必要となる点に絞って、効率よく民法・会社法の知識が身に付く  

 

セミナー内容

基礎講座群

 

人事担当者も知っておきたい 
『民法・会社法の基礎知識』 
~労働法令をより深く理解するための集中講座~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ はじめに
1.私法と公法
2.私法の特徴は

 

Ⅱ 民法の基礎知識
1.民法総則
  未成年/法人/意思表示/時効
2.物権
3.債権
   契約の成立/債務不履行/不法行為/不当利得
4.商法上の関連規定


Ⅲ 会社法の基礎知識
1.会社の種類
2.株式会社はどのように運営されるのか
3.株式会社の機関構造
4.株主総会の各種の決議
5.会社との取引上の注意点

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます
 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。