『チャートとチェックリストで整理する懲戒処分の調査と量刑』WEBセミナー

セミナー概要

近時の問題社員や懲戒処分への対応では、

①SNSへの不正投稿に対応するための誓約書や被害拡大防止策、②不正調査時のデジタルデータ回復も必要になってきます。

本講座では、基本的な知識と実務上の注意点をチャートやチェックリストを使って解説します。また,ハラスメント対応では,全体知識を解説した後

➊ハラスメントを認定しなかった裁判例,➋在宅勤務に関する「リモハラ」やセクシュアル・マイノリティに関するハラスメントも解説します。

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru



【本講座のポイント】

➀チャートや書式を用いながら実務で必要とされる対応方法を説明
②量刑の考慮要素、紛争リスクの減少手法、量刑資料作成の注意点を解説
③近時増加するハラスメント対応については,特別にQ&Aと裁判例集を用いて解説

セミナー内容


発展講座群

 

《WEBセミナー》

「量刑の重さ」から裁判例や実例から抽出した「実務対応」を網羅的に整理 
『チャートとチェックリストで整理する

            懲戒処分の調査と量刑』
   ~不正調査の検討事項をチャートや書式で解説~


<主な内容>

 

Ⅰ 懲戒処分対応の手順・量刑の決定
1.懲戒処分が問題となったらチェックすべきポイント
2.関係部署に収集・確認を指示する資料
3.量刑で考慮すべき事情・考慮できない事情


Ⅱ 問題社員・懲戒処分の対応で注意すべき点
1.法律上禁止される「不利益取り扱い」への対応
2.問題社員への異動命令・退職勧奨時の注意点
3.デジタルデータや電子メールの調査方法


Ⅲ 問題社員・懲戒処分の典型例
1.経歴詐称・勤怠不良  
2.金銭の不正取り扱い 
3.上司・同僚に対する暴行 
4.パワハラがあるとして出社拒否


Ⅳ 近時の問題行為と対応方法 
1.SNSへの不正投稿への予防措置
2.懲戒処分前に「診断書」が」出てきたら?
3.消去された業務用パソコンのデータの解析方法
   
Ⅴ 懲戒処分の検討方法 
1.社内で作成した「量刑資料」の利用方法
2.懲戒処分後の業務引き継ぎや社内公表
3.被害弁償方法や社員間で行う示談

Ⅵ 現場対応の留意点
1.個人的なハラスメント相談に注意
2.社内通報を繰り返す場合は?
3.弁護士の同席や録音を要求された場合は?           

Ⅶ 近時のハラスメント対応で注意すべき点
1.ハラスメントが認定できない場合
 ・ハラスメントが否定された裁判例の分類とキーポイント
2.在宅勤務で増加する「リモハラ」の注意喚起
3.セクシュアル・マイノリティに関するハラスメント(SOGIハラ)

 


※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー