『加害者分類から見直すハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラ)対応・予防実務』

セミナー概要

 パワハラを防ぐ措置を企業に義務づける法律が施行され、大企業の場合2020年6月1日から、中小企業の場合は2022年3月31日までの努力義務期間を設けたうえで、2022年4月1日からパワハラ防止法を施行します。パワハラは社員の人材流出や仕事への意欲低下につながるため、各企業は対応を急いでいます。しかし、各種報道も教育研修教材も「これを言ってはいけません」「このような指導はパワハラです」と述べるのみで、なぜパワハラが起きるのか、加害者上司はなぜこのような発言を行うのかといった背景を分析したものはありません。本講座では、パワハラが起きる背景、加害者の置かれている状況から加害者類型別にパワハラ予防・解決のポイントを解説します。同様にセクハラ・マタハラについても加害者類型別に予防・解決のポイントをわかりやすく、説明します。

 

【本講座のポイント】

①ハラスメント予防の必要性を理解する
②加害者類型を理解して予防に役に立てる
③ハラスメント問題解決のためのポイントを理解する

セミナー内容

発展講座群

 

パワハラ法制化に伴い、ハラスメント全般の対応を再確認する 
『加害者分類から見直すハラスメント

  (パワハラ・セクハラ・マタハラ)対応・予防実務』 
   ~予防のために何に注意をして、何を行うべきか~ 

 

<主な内容> 

 

Ⅰ ハラスメント対応(総論)
1.ほとんどの加害者に自覚はない。ある日突然被告人になると感じている
2.加害者に自覚を促すには何をしたらよいか。パワーにはパワーで対抗する
3.形式的には発言を正そうとしても実効性はない。日常業務で何に心掛ければよいか
4.パワハラ判断の難しさ
5.パワハラは仕組みで予防する
6.パワハラ防止規程
7.パワハラチェックリストによる予防
8.アンケートによる予防


Ⅱ パワハラ加害者別対応(各類型別の加害者の考え方・傾向・対策)
1.部下いびりタイプ
2.能力限界タイプ
3.被害者タイプ
4.経営者重用タイプ
5.信念タイプ
6.部下との相性タイプ
7.セクハラ混合タイプ
8.セクハラ・パワハラ混合タイプ

 (取引先によるセクハラ+セクハラ受忍強要パワハラ)


Ⅲ セクハラ・マタハラ加害者別対応(各類型別の加害者の考え方・傾向・対策)
(セクハラ)
1.勘違い性的冗談パターン
2.恋愛感情パターン
3.パワハラ併存パターン
4.いじめパターン
(マタハラ)
  マタハラ加害者の言い分

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ