『人事部員がおさえておくべきHRテクノロジーの最新トレンド』【半日】WEBセミナー

セミナー概要

本講座では、HRテクノロジーに関する国内外の最新トレンドを紹介するとともに、これからの人事部や人事担当者には具体的にどのようなアクションが求められているのか、すぐに利用可能なテクノロジーにはどのようなものがあるのかという実践的な内容を盛り込んだ最新情報をお伝えします。採用、配置、人材開発、組織開発、データアナリスト等々、ほぼすべての領域の担当者が対象です。ぜひご参加ください。

 

※本講座は、WEBセミナーです。

※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。

 https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru

  

【本講座のポイント】

➀『HRテクノロジーで人事は変わる』(共著)の内容をさらにアップデートします
➁世界的潮流である「人的資本の情報開示」、ISO 30414の内容を概説
③国内市場のリサーチ結果から、これからの動向を共有します

セミナー内容

発展講座群

 

《WEBセミナー》

いよいよ始まる「人的資本の情報開示」、ISO 30414上陸の衝撃
『人事部員が押さえておくべき

     HRテクノロジーの最新トレンド』【半日】
~最新動向を踏まえつつ、明日から始められるTIPSが満載~ 

 

〈主な内容〉

Ⅰ HRテクノロジーのトレンド概要
1.市場規模
2.HRテクノロジーの使いどころ
3.HRテクノロジー市場の再編成
4.エクスペリエンス向上の必要性
5.人事領域で活用されるAI
6.サーベイと人事データ分析


Ⅱ 未来に向けてのキャリア論
1.「タレント・マーケットプレイス」という新たな概念
2.成功するキャリアモデル
3.ジョブとキャリアの新たなモデル
4.新たなキャリアパス
5.スキルエコノミー


Ⅲ エンプロイーエクスペリエンス
1.プロセスからエクスペリエンスへ
2.エンプロイーエクスペリエンスの要点
3.ラーニングエクスペリエンスと能力開発
4.ウェルネスウェルビーイングとエクスペリエンスの関係性


Ⅳ 「人的資本の情報開示」の大潮流とISO 30414
1.「人的資本」(Human Capital)の本来的意義
2.3つの背景
3.報告が義務付けられる「HRレポート」について


Ⅴ 2022年の働き方(持続可能なパフォーマンスとは)
1.ジョブフィット、ジョブマッチの重要性
2.「ジョブ型」へのシフト
3.1on1 の高度化
4.ワーク・ライフ・インテグレーション
5.テレワークとワーケーション

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ