『人事労務入門講座』【3日間】WEBセミナー

セミナー概要

人事担当者の顧客は誰でしょう?人事担当者に必要な資質とは?

貴社の社員は、毎日、何にエネルギーを使っていますか?貴社の人事制度は、自社を強くしますか?

多岐にわたる人事の仕事をわかりやすく解説します。お目にかかれるのを楽しみにしております。

 

※本講義は、Zoomを利用してWebで配信いたします。
Zoomミーティングセミナーは、講師および参加者全員が画面を共有する講座です。
ご参加いただく際は、ご自身で設定の切り替えをお願いいたします。
https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

 

 


【本講座のポイント】
・人事パーソンが知っておくべき人事労務の知識が身につく 
・採用から退職までの各フェーズで行うべき業務を把握できる 
・働き方改革、グローバル化など人事のこれからを展望できる

 

ご参加の皆様には、

『初めて人事担当者になったとき知っておくべき7つの基本。8つの主な役割』(労務行政)を進呈いたします。

 

※書籍を講座前に郵送をいたしますので、お申込み住所と違う場合は、郵送先住所をコメント欄にご記入いただくか、hr-service@rosei.jp

  までご連絡ください。

※直前のお申し込みになりますと講座当日前までにお手元に間に合わない場合がございます。講座当日は投影資料でご参加下さい。

  

 

セミナー内容

 

 入門講座 【ZOOM開催】 (3日間)


人事担当者が学んでおきたい

   『人事労務入門講座』
   ~人事部門に配属されたら、まずこの講座!~


<主な内容> 

【2021年6月2日】10時~16時30分

 

【基礎知識①】人事部門の使命・役割 

  ~働き方改革の時代の推進者として~


 ・私たち人事部門への期待(トップから、現場から、社員から)
 ・人事の歴史と、最近のトレンド(変わるもの、変わらないもの)
 ・これからの人事パーソンに必要な知識・スキルとその会得法 

 

 

 【基礎知識②】労使関係・労務管理入門

 ~ルールの大切さを学ぼう~ 


 ・人事業務に必須の、法の見方・考え方・捉え方
 ・労働法の変化の背景と、方向性の理解
 ・人事パーソンが押さえておくべき法改正の勘所

 

 【人事交流会】15時~16時30分

 ~講師がファシリテーターとなり、

   人事の方々と情報交換を通じて交流を深めます~

 ・事前に自己紹介カードを送信いたします。

 

 

【2021年6月3日】10時~16時30分

 

 

【基礎知識③】要員管理入門

 ~採用難時代の人との向き合い方~ 


 ・人材フローと人材ポートフォリオを描く
 ・採ってはならない人の見極め方
 ・多様な人材(ジェネレーション、ジェンダー、グローバル等)の活躍支援

 

 

 

【基礎知識④】人事制度入門

 ~シンプル・フェア・オープンな人事を目指す~ 


 ・人事制度の目的と影響
 ・等級制度、報酬制度、目標管理&評価制度、育成制度の連動
 ・人事評価演習を通じたマネジメントの理解

 

 

【2021年6月4日】10時~15時30分

 

 

【基礎知識⑤】人材育成・組織開発入門

 ~経営を支える組織づくり 


 ・人事業務に必須の、人の見方・考え方・捉え方
 ・教育体系図の考え方、活かし方
 ・人と組織の成長に資するために(これからの現場育成、研修、自己啓発)

 

 

【基礎知識⑥】

人事のプロフェッショナルを目指そう  


 ・人事パーソンとしての、キャリアデザイン
 ・求められ続ける人事パーソンになるために

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ