『同一労働同一賃金 最高裁判決を踏まえた実務対応』【半日】WEBセミナー

LIVE配信

セミナー概要

賞与・退職金・休暇について、有期雇用の非正規社員と正社員の待遇差の不合理を争う判決が相次いで最高裁で言い渡されます。2020年10月言渡しの同一労働同一賃金に関する5件の最高裁判決は、最高裁が非正規労働者の待遇に関する一定の指針を示すという意味で、現在係属中の同種裁判(いわゆる20条裁判)に大きな影響を与えるほか、企業実務に与えるインパクトも強いため注目されてます。2018年に出された2件の最高裁判決(ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件)も踏まえて、これまでの判例・裁判例の流れを整理し、実務における「待遇差の説明義務」や「不合理な待遇差の解消」に向けての取り組み方法について、わかりやすく解説します。 

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。

 https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru


                       

 

【本講座のポイント】

2020年10月言渡しの5件の最高裁判決を分析し、射程範囲・実務への影響を整理できます 
②同一労働同一賃金に関するその他の判例・裁判例(20条裁判)をまとめて把握できます 
③待遇差の説明と規定変更を中心に、企業がとるべき手順がわかります 

セミナー内容

 

 

発展講座群

 

《WEBセミナー》

 

非正規社員の待遇差に関する注目判例を一気に解説 
『同一労働同一賃金 

  最高裁判決を踏まえた企業の実務対応』 【半日】 
~日本郵政・メトロコマース・大阪医科薬科大の最高裁判決を踏まえて~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 2020年10月言渡しの5件の最高裁判決の概要 
1.日本郵政(東京・大阪・佐賀)事件
2.メトロコマース事件
3.大阪医科薬科大事件
4.分析(判断内容・射程範囲・残された課題) 


Ⅱ その他の判例・裁判例との関係 
1.先行する2件の最高裁判決との関係性
①ハマキョウレックス事件
②長澤運輸事件
2.後続する裁判(20条裁判)の説明と今後の影響
 
Ⅲ 残された争点(待遇)と課題 
1.最高裁が出ていない待遇は?
2.20条裁判が改正法(パート・有期法8条・9条)に与える影響
3.定年後再雇用者の待遇設定 


Ⅳ 企業において必要な対応① 
1.待遇差の説明を求められた場合の対応方法の検討
2.不合理な待遇差の解消措置~就業規則・労働協約・労働契約書~
3.待遇変更の方法・時期 


Ⅴ 企業において必要な対応② 
1.非正規社員の賃金(基本給)の設定・規定方法
2.定年後再雇用者が問題とする『待遇差』を踏まえた労働条件の提示・説明
3.非正規社員におけるNG規定 


Ⅵ 企業において必要な対応③ 
1.社内の協議・説明の方法
2.現場で「待遇差」の説明を求められた場合の対応手順
3.社内検討で間違えがちな点をチェック項目で整理 

 

 

諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ