『インドネシアの労働法制と労務管理のポイント』【半日】

セミナー概要

インドネシア共和国の労働法はアジア諸国の中でも労働者保護の側面が強く、中でも社員の解雇に対する規制は非常に厳しいのが特徴です。また、イスラム教に配慮した労務管理も重要となっています。他方で、近時、従来の外国人労働者の雇用手続きが簡素化されるなど、外国資本の誘致を考慮した動きもあります。本講座では労働法の概要やトピックをはじめ、人事労務の観点での新型コロナウイルスの影響を含む最近の動向について解説します。

 

【本講座のポイント】

①インドネシアの労働法制の概要を整理 
②インドネシアにおける宗教と労務管理の関係について解説 
③インドネシアにおける外国人労働者の雇用について解説 

セミナー内容

発展講座群

 

新型コロナウイルスの影響下における『グローバル労働法セミナー』【第5講座】 
『インドネシアの労働法制と労務管理のポイント』 
~現地の労働法や労働問題の最新事情を押さえる~

 

 

〈主な内容〉
 

 Ⅰ 労働法の概要 
労働契約、派遣・請負、労働時間、給与・手当、就業規則、労働組合・ストライキ、社会保障、退職・解雇、紛争解決手続き等の概要について解説します。 

 


Ⅱ 労務管理上の留意点 
労務管理上起こり得る問題や対策について解説します。 

 


Ⅲ 近時のトピック 
インドネシアの労働法改正の動向、新型コロナウイルスによる影響等近時のトピックについて解説します。

 

 

 

 ※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。