『近時の法改正対応の実務』WEBセミナー

LIVE配信

セミナー概要

近時の労働法改正の動きは激しく、これらを独力で整理し、対応策を練るのは困難です。本講座では、近時の法改正事項について実務対応の観点から整理します。特に、同一労働同一賃金やパワハラの分野では、単なる判例やガイドラインの説明だけでは、実務上のトラブルに対応できません。「何を、どの程度まで準備しておくべきなのか?」について、講師作成のオリジナル資料を用いながらわかりやすく解説します。 

 

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。

 https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru

 

 

 

【本講座のポイント】

①改正労基法による残業時間の上限や年5日の年休付与への対応方法を段階に分けて説明します 
②同一労働同一賃金の対応では、①待遇差の説明と②待遇差の整理を具体例とともに説明します 
③パワハラは、指針・通達や裁判例を踏まえた「Q&A集」を用いて、わかりやすく説明します 

セミナー内容

発展講座群

 

《WEBセミナー》

 

 

改正労基法、同一労働同一賃金、パワハラ防止など対応必須の重要事項 
『近時の法改正対応の実務』 
~1日で最新の法改正トピックを総ざらい~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 残業時間の上限規制・年5日の年休付与義務(改正労基法) 
1.残業時間(時間外労働・休日労働)の上限規制の内容
2.年5日の年次有給休暇の付与義務の内容
3.労働時間・休暇の管理方法
4.必要な手順・書式
5.ありがちなミス 


Ⅱ 同一労働同一賃金(パート・有期法) 
1.法規制の内容と判例・裁判例の状況
2.必要な視点・検討順序
3.待遇差の整理表の作成方法
4.待遇差の説明資料の作成方法
5.ありがちなミス 

 

Ⅲ 同一労働同一賃金(改正派遣法) 
1.派遣先均等・均衡方式と労使協定方式の違い
2.両方式のメリット・デメリット
3.派遣料金に関する派遣先の配慮義務
4.派遣先が起こしがちなミス 

 

Ⅳ 定年後再雇用(同一労働同一賃金、高年齢者雇用安定法) 
1.定年後再雇用に関する法規制と改正動向
2.判例・裁判例の傾向
3.再雇用者の待遇設定と説明
4.待遇差の説明内容(通常の非正規社員との相違)
5.ありがちなミス 

 

Ⅴ パワハラ防止対策の法制化 
1.企業に求められるパワハラ防止措置の内容
2.制度設計時の注意点
3.管理職・上司が注意すべき相談対応
4.注意喚起の方法~パワハラ研修は非管理職にも実施~ 

 

Ⅵ その他の法改正・重要判例の動向 
1.法改正の動向・予定(消滅時効の延長等)

2.近時の注目判例・裁判例  

 

諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ