『労使協定・就業規則・不利益変更をめぐる法的対応』WEBセミナー

LIVE配信

セミナー概要

本講座は、戦略的に就業規則をどう作成し、経営環境の変化に伴って労働条件を就業規則においてどう変更するか、また、労使協定をどう利用するかを意識したものです。就業規則は、企業の文化・理念を反映させ、経営環境の変化に伴って企業の事業展開をしやすくするため戦略的に利用する必要があります。そのためには、労働契約→就業規則→労働協約→法令という労働関係の“四重構造“を正確に理解することで、応用力を発揮し創造的設計が可能となります。それによって、労働条件の(不利益)変更を円満に行うこともできます。
本講座では、戦略的な就業規則の設計と(労働条件を変更する際の)変更のためのヒントを提供します。 

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru

 

 

【本講座のポイント】

①就業規則と労使協定の役割だけでなく、労働関係の四重構造を理解できる 
②上記①を使った応用・実践力、つまり、創造的制度設計を可能にする 
③上記②を戦略的にするために、どういう方向で創造性を発揮すればよいかが分かる
 

セミナー内容

 

 

 

発展講座群 

 

《WEBセミナー》

  

法的対応シリーズ⑤ 
『労使協定・就業規則・不利益変更をめぐる法的対応』 
~法令適合だけでなく、戦略的に対応するためのポイント~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 就業規則のしくみと法適合・戦略的対応 
1.就業規則のしくみ
2.各事項の法適合と戦略的対応
  試用期間、秘密保持義務・競業避止義務、降格・昇格、休職・休暇・休業、退職、労働時間、昇給・賞与の戦略的設計と変更 


Ⅱ 労使協定のしくみと法適合・戦略的対応 
1.労使協定のしくみ
2.各労使協定の法令適合、戦略的対応
  変形労働時間制・フレックスタイム制・36協定・各種裁量労働制等の戦略的設計と変更

 
Ⅲ 戦略的な労働条件の変更 
1.労働条件の不利益変更に関する基礎知識
2.制度変更に関する裁判例
3.変更手続きに関する実務上の留意点 


Ⅳ 法改正情報と今後の展望 
1.働き方改革の法制化
2.上記1への対応 

 


 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。