『ケースでわかる“実践型”職場のメンタルヘルス対応』WEBセミナー

セミナー概要

メンタルヘルス不調者の個別対応を適切に行うためには、病気、労務管理、法律のいずれの知識も必要になります。また、知識を適宜ブラッシュアップする必要がありますが、多忙な人事労務担当者は目の前の不調者に対する時間を確保するのに苦慮しているのが現状です。また、事例が複雑化し、さまざまな関係者と連携しながら対応しなければならない中では、実践的な知識も必要になってきます。
そこで本講座では、実践的・実務的な不調者対応、問題社員対応の事例を取り上げ、具体的な対処法についてわかりやすく解説します。 

 

※ご参加の皆様には「ケースでわかる 実践型 職場のメンタルヘルス対応マニュアル」(向井蘭弁護士との共著)を進呈させていただきます

 

本講義は、Zoomを利用してWebで配信いたします。

Zoomミーティングセミナーは、講師および参加者全員が画面を共有する講座です。

ビデオとオーディオをご自身でON/OFFに設定して参加します。

なお、講座は、ビデオON、オーディオONで実施いたしますので、

ご参加いただく際は、ご自身で切り替えをお願いします。

 

参加準備はこちらをご確認ください。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

【本講座のポイント】

①弁護士、産業医の両者の視点からメンタルヘルス対応の最新情報が学べます 
②メンタルヘルス対応における「すべきこと」「すべきでないこと」がわかります 
③具体的な事例をベースにすることで、実践力が身につきます

セミナー内容

発展講座群

 

《WEBセミナー》

 

弁護士と産業医の視点から事例を解説 
『ケースでわかる“実践型”職場のメンタルヘルス対応』 
~法律と医学の両面から実践的なノウハウを学ぶ~ 

 

<主な内容>

Ⅰ 休職・復職における法的問題点 
1.復職・退職判定の勘所
2.退職勧奨についての注意点
3.いわゆる問題行動に対する対応
4.メンタルヘルス不調と労働災害
 
Ⅱ 休職・復職対応における必要な視点 
1.精神疾患を把握するための 8つの区分と6つの視点
2.回復状況を明確にする
3.復職検討段階で最低限 確認すべき事項 


Ⅲ 事例で学ぶ不調者対応、問題社員対応 
1.入社直後にメンタルヘルス不調で通院していると申告された
2.休職中に遊び歩いていると同僚から報告があった
3.主治医からの診断書に「異動が必要」と書いてある
4.復帰したものの、再度休みはじめた
5.休職期間満了が近づいている中 復帰したいと申告があった 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ