『withコロナ時代における在宅勤務のポイント』

セミナー概要

働き方改革は多くの企業にとって喫緊の課題となっている中で、テレワークの一形態である「在宅勤務制度」を導入する企業が増えています。特に、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックの発生以降においては、政府が企業にテレワークの積極的実施を要請したことから、在宅勤務を実施する企業が俄かに急増しました。
在宅勤務は、BCP対策としてだけでなく、ダイバーシティ時代における働き方改革を実現するうえでも有効なものであり、企業と働く人の双方にとってメリットがあるものであり、社会的意義も認められるものです。在宅勤務を新型コロナウイルス感染症対策のための一時的措置としてでなく、今後において継続的に実施可能なものとするためには、在宅勤務に適した環境の整備や労務管理体制の見直しが必要となります。
そこで本講座では、withコロナ時代における在宅勤務の実施目的や実施にあたっての検討事項、労務管理体制の見直しや社内規程の作成のポイント、そして運用上の課題と解決に向けたチェックポイントについて解説します。

 

※本講座ご参加の皆様には講師執筆書籍『これからはじめる在宅勤務制度』(中央経済社)を進呈します。

 

【本講座のポイント】

①コロナ以前の在宅勤務とwithコロナ時代における在宅勤務の相違点がわかります 
②労働時間管理や健康管理など在宅勤務者の労務管理のポイントを把握できます 
③就業規則の見直しや在宅勤務規程、BYOD規程の作成のポイントがわかります 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

WEBセミナー同時開催! 
『withコロナ時代における

                  在宅勤務のポイント 

 ~在宅勤務制度の導入・運用の留意点~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 新型コロナウイルス感染症対策としての在宅勤務 
1.コロナ禍における在宅勤務の実施状況
2.コロナ禍における在宅勤務の特殊性
3.明らかになった課題
 
Ⅱ withコロナ時代における在宅勤務環境の整備 
1.実施目的の明確化
2.ICT環境の整備
3.セキュリティ対策 


Ⅲ 労務管理体制の見直し 
1.労働時間の管理
2.健康管理
3.費用負担
4.人事評価
5.労働災害 


Ⅳ 社内規程の整備 
1.就業規則の見直し
2.在宅勤務規程作成のポイント 
3.BYOD規程の必要性 


Ⅵ 運用上の課題 
1.在宅勤務が適用されない社員
2.ハンコ文化の壁
3.コミュニケーション
4.リモートハラスメント
5.過重労働  
6.自宅におけるテレワーク環境の整備
7.BCP対策としての在宅勤務 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ