この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

商品情報

労働法コンメンタールNo.3
平成22年版 労働基準法 上巻
厚生労働省労働基準局 編

 

●労働基準法についての一般の理解を深めることを目的として、行政解釈を中心としつつ、必要に応じこれに裁判例、学説等の引用を加えた、実務に適するコンメンタール形式の概説書です。

●前回版刊行より、その間、女性の坑内労働に係る規制について原則禁止を改める労働基準法の改正、労働契約法の成立に伴う労働基準法の改正、時間外労働に係る法定割増賃金率の引き上げ、年次有給休暇の時間単位取得等を内容とする労働基準法の改正が行われ、また、労働基準法に関する多くの裁判例が出されています。今回、これら法令の改正、解釈の見直しを全般的に行っています。

●解釈例規の主要なものをすべて収録、裁判例、学説についてもできる限り引用。一般的な解説のほか、立法趣旨、概要、沿革についても説明しています。


●平成22年12月現在の内容で掲載。


【本書は、電子書籍閲覧サービスの対象外です】

 

 

 

 
登録情報

序論

本論
第1章 総 則
第2章 労働契約
第3章 賃 金
第4章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社