『自然災害等に事前に備える! 緊急時の労務管理と実務対応』【半日】WEBセミナー

セミナー概要

昨今、我が国では地震のほか、台風、豪雨、豪雪などの未曽有の自然災害が多発しています。企業は、従業員に対して、その生命・身体等の安全を確保しつつ、労働することができるように必要な配慮を行うこととする「安全配慮義務」を負っています。こうした自然災害等に対しては、起こってから対処するのではなく、従業員の安全確保を念頭に置いた事前準備がとても重要になります。「まさか」の緊急事態に対して、企業と従業員はどのように災害に備えるべきか、近年の災害の現状を踏まえた危機管理体制の在り方・実務対応を解説します。さらに、新型コロナウィルスなど感染症への企業の労務管理対応についても言及します。

 

※本講座ご参加の皆様には講師執筆書籍『自然災害時の労務管理の実務』(労務行政)を進呈いたします。 

受講後にお申込み時のご住所に発送いたします。

 

※本講義は、Zoomを利用してWebで配信いたします。

Zoomウェビナーは、講師が話す講義を視聴のみで参加するスタイルで、チャットによる質問も可能です。 

参加準備はこちらをご確認ください。

https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar

 

 

【本講座のポイント】

①人事労務管理の視点で自然災害や感染症などにどのように準備すべきかがわかる 
②自然災害や感染症などが発生した際の初動対応やその後の対応がわかる 
③自然災害や感染症などが発生した際の社会保険、労働保険の特例措置を知ることができる。

 

 

セミナー内容

発展講座群

 

 

《WEBセミナー》

 

 新型コロナウイルス感染症にも対応 
 『自然災害等に事前に備える! 

      緊急時の労務管理と実務対応』【半日】 
~自然災害発生時における労務管理の論点整理~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 自然災害や感染症等発生時の労務管理 
1.自然災害や感染症等と労務管理
2.自然災害や感染症等と労働時間
3.自然災害や感染症等と採用・内定
4.自然災害や感染症等と賃金
5.自然災害や感染症等と安全配慮義務
6.自然災害や感染症等と退職・解雇
7.自然災害や感染症等と労働者派遣 


Ⅱ 自然災害や感染症等に備えた社内体制の整備と労務管理上の留意点 
1.企業における防災とは
2.自社の防災力を知る
3.情報の収集と提供
4.防災訓練の実施
5.避難誘導・安否確認等
6.帰宅困難者対策
 
Ⅲ 自然災害や感染症等時における労働・社会保険の特例措置 
1.被災労働者の労災保険
2.被災労働者の雇用保険
3.被災労働者の健康保険 
  

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


 

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー