『長期および短期海外出張者の税務・ビザ・労務管理』【半日】

セミナー概要

企業における事業の海外展開が進むに伴い、海外赴任者以上に海外出張者は年々増えています。
管理部門が赴任から帰任まで管理している海外赴任者と違い、海外出張者は各事業部門から都度発生しているため、管理が難しいのが現状です。しかし、長期または短期でも複数回に及ぶ出張には、その費用はどの法人が負担するのか、現地で所得税が発生するのか、就労ビザの必要性の有無など、検討すべきことが多数あります。本講座では事業部門任せにしていると起きがちなさまざまなリスク等を前提に管理部門で対応すべきポイントをわかりやすく解説します。

 

※本講座ご参加の方には講師著書「海外出張者にかかる税務、ビザ、リスク管理 ~インバウンド、アウトバウンド~」(仮)(税務研究会)を進呈いたします。 

 

【本講座のポイント】

①日本と海外の税務の違いを学び、実務面での処理・対応が理解できる 
②海外出張者の税務で起こりがちな対応を整理できる 
③海外出張における給与・社会保険・労務管理も網羅 

セミナー内容

発展講座群

 

これだけは押さえておきたい 
『長期および短期海外出張者の

         税務・ビザ・労務管理』 【半日】
~海外出張に関して「税務」と「労務」の

            二つの観点から基礎知識と実務対応を解説~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 日本の所得税 
1.居住者、非居住者の定義とよくある質問
2.日本を海外を行ったり来たりする場合の居住性の判定
3.海外の所得税を会社が負担した場合の日本の税務 

 

Ⅱ 日本の法人税 
1.海外出張者のコストを日本本社負担した場合の税務
2.本社のための出張、現地法人のための出張とは
3.海外出張申請書の書き方など 

 

Ⅲ 海外の所得税 
1.出張先国で課税される場合とは
2.短期滞在者免税とは(日本との租税条約)
3.海外で課税される場合の取り扱い
4.出張者の滞在日数管理で外せないこと 

 

Ⅳ 海外の法人税 
1.出張者が日本本社のPE(恒久的施設)と認定される場合
2.PEとは何か
3.各国との租税条約におけるPEの定義 

 

Ⅴ ビザ 
1.業務内容、国によりビザの取得必要性の有無
2.海外出張前のビザ、税務、社会保険に関する事前アセスメントの他社事例 

 

Ⅵ その他 
1.海外で緊急事態が発生した場合の対応(海外で医療搬送、日本に医療搬送等)
2.大使館でできること、できないこと
3.死亡した場合の取り扱い等
4.海外出張時の日当、長期出張者を意識した海外出張規程の作成方法 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。