『最新トレンドから見るこれからの人事のあり方』

セミナー概要

労働生産性向上やイノベーション創出において、メンバーシップ型雇用の問題点が指摘されるようになり、多くの企業でジョブ型雇用のエッセンスを取り入れはじめています。
この流れのなかで、コロナ禍は抜本的かつ本質的な「働き方改革」を後押しする要因となりました。
本講座では「ジョブ型雇用」「働き方改革」「人事業務改革」といった人事のトレンドを踏まえ、その背景と対処の方向性について解説します。 
 

 

【本講座のポイント】

ジョブ型雇用の知見と導入のポイントが理解できる 
②付加価値創出の観点からアプローチする働き方改革について理解できる 
③人事部門の業務プロセスの見直しとHRテクノロジーの活用を検討できる 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

人事担当者が押さえておくべき 
 『最新トレンドから見る これからの人事のあり方』 
 ~価値創造に貢献する人事のあり方を考える~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 人事マネジメントのトレンド 
1.メンバーシップ型からジョブ型へ
2.「全社一律型」人事マネジメントが限界に
3.迫られる「働き方改革」への対応 


Ⅱ ジョブ型雇用への移行ポイント 
1.人材フローマネジメントの見直し
2.年功賃金から職務給への移行
3.複線型人事制度・キャリアパスの抜本的見直し 


Ⅲ 働き方改革への総合的な取り組み 
1.コロナを奇貨に進むリモートワーク
2.労働時間管理だけで働き方改革は実現しない
3.評価・賃金制度はどうあるべきか 


Ⅳ 人事機能の見直しと人事部門改革 
1.戦略的人事部門の役割と“HR Transformation”
2.人事業務プロセスの見直し
3.HR Techの活用 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ