【大阪開催】『人事パーソン養成講座』【2日間】

セミナー概要

少子高齢化、非正規雇用、長時間労働、メンタルヘルスなど企業の人事労務を取り巻く環境は激変しており、人事パーソンに対する期待と役割の重要性が高まっています。「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などの経営資源の中で、最も重要なのが「ヒト」であす。「ヒト」が価値を生み出すことで他の経営資源が回り出すということができます。
本講座では人事パーソンが知っておくべき人事労務の基礎知識を”広く・浅く”網羅的に解説しますので、全体像を理解するのに最適です。

※ご参加の方には、『基本と実務がぜんぶ身につく人事労務管理入門塾』(労務行政)を進呈します。 

  

《会場ご案内》
 感染予防対策のため会場定員の20%弱に人数を限定して開催いたします。 

 

 

【本講座のポイント】

①人事パーソンが知っておくべき人事労務の知識が身につく 
②採用から退職までの各フェーズで行うべき業務を把握できる 
③働き方改革、グローバル化など人事のこれからを展望できる 

 

《詳細はこちらのリーフレットをご覧ください》

 

 

セミナー内容

 【大阪開催】

基礎講座群

 

初めて人事担当者になったとき知っておくべき「人事のキホン」 
『人事パーソン養成講座』(2日間) 
~人事部の業務を網羅的に”広く・浅く”解説~ 

 

 

<主な内容>

Ⅰ 人事の基本 
1.人事労務管理とは
2.企業理念と人事労務管理
3.人事部門の使命と役割
4.人事部門の顧客
5.人事部門の仕事
6.年間スケジュールの共有化
7.人事部員の心構え
8.人事部員に必要とされる知識・スキル 


Ⅱ 人事制度 
1.人事制度の全体像
2.等級制度
3.複線型人事制度とコース別雇用管理
4.評価制度の概要
5.能力評価・情意評価
6.成果評価と目標管理制度
7.評価制度の運用
8.能力評価・情意評価
9.成果評価と目標管理制度
10.評価制度の運用 


Ⅲ 社内コミュニケ―ション 
1.社内コミュニケーションをよくする施策
2.アサーティブ・コミュニケーション
3.「人の話をきく」
4.従業員満足度調査(ES調査)  


Ⅳ 人材育成 
1.人材育成のポイント
2.人材育成に関する業務の流れ
3.人材育成方針とCDPの策定
4.人材育成体系
5.能力開発の種類
6.主な教育研修の内容
7.職業能力評価基準
8.組織開発
9.組織開発の手法
10.モチベーション理論 


Ⅴ 労務管理 
1.労働条件管理のポイント
2.労働条件管理の流れ
3.労働基準法と就業規則
4.労働時間、休日に関するルール
5.変形労働時間制とみなし労働時間制
6.36協定の締結の仕方
7.休暇・休業管理と年次有給休暇
8.育児休業・介護休業
9.年少者・妊産婦の働き方に関するルール
10.制裁に関するルール 


Ⅵ 賃金 
1.報酬管理・給与計算のポイント
2.労働基準法上の賃金に関する定め
3.時間外労働割増賃金に関するルール
4.報酬体系(給与体系・賃金体系)
5.基本給の決定と昇給の仕組み
6.諸手当
7.賞与の仕組み
8.退職金
9.企業年金
10.給与計算 


Ⅶ 社会保険・労働保険 
1.社会保険・労働保険とは何か
2.社会保険・労働保険の業務
3.健康保険の概要
4.介護保険の概要
5.厚生年金保険の概要
6.労働者災害補償保険の概要
7.雇用保険の概要
8.福利厚生施策
 
Ⅷ これからの人事 
1.少子高齢化と人事労務管理
2.グローバル化と人事労務管理
3.企業の社会的責任と人事労務管理
4.マイナンバー制度
5.自然災害、感染症と人事労務管理
6.これからの人事労務管理 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ