『労働条件不利益変更の実務ポイント』【半日】

セミナー概要
労働条件の不利益変更の手法には、①個別合意により変更するもの、②就業規則により変更するもの、③労働協約により変更するものがあります。労働組合が組織されていない企業において、集団的に労働条件を変更するには、就業規則の変更によるしかなく、就業規則の不利益変更について理解することが重要となります。本講座では、就業規則の不利益変更における合理性判断を含めた実務的な問題に関し、裁判例を踏まえ、具体例を示しながら解説します。
 
【本講座のポイント】
労働条件を不利益に変更する際の手法がわかります 
②不利益変更における合理性の判断枠組みを裁判例に則して整理できます 
③不利益変更が問題となる代表的事例を個別ケースにそって理解できます
 
セミナー内容

発展講座群

 

 

トラブル回避のために人事担当者が押さえておきたい 
『労働条件不利益変更の実務ポイント』【半日】 

~裁判例を踏まえ具体的事例を示しながら解説~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 労働条件設定・変更の手法 
1.労働条件を規律する規範
2.労働条件変更の手法
3.労働条件設定・変更手法としての就業規則の重要性
 
Ⅱ 個別合意による労働条件の変更 
1.合意による労働条件の変更(労働契約法8条、9条)
2.労働条件変更における同意の認定
3.変更解約告知 


Ⅲ 就業規則による労働条件の変更 
1.就業規則による労働条件の変更の概要(労働契約法10条)
2.要件①(不利益変更該当性)
3.要件②(変更後の就業規則の周知)
4.要件③(変更の合理性)
5.効果 


Ⅳ 労働協約による労働条件の変更 
1.労働協約の成立要件
2.労働協約の効力(規範的効力、有利原則の有無)
3.協約自治の限界―労働条件の不利益変更― 


Ⅴ 労働条件不利益変更が問題となる代表的事例 
1.賃金の変更(成果主義賃金制度の導入、退職金制度の変更等)
2.労働時間・休日の変更 


Ⅵ 企業再編と労働条件の変更 
1.企業再編が与える労働契約・労働条件への影響
2.合併と労働条件の統一
3.事業譲渡に伴う労働条件の変更
4.会社分割による労働契約・労働協約の承継 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ