【大阪LIVE】『労務コンプライアンスのチェックポイントと対策』

LIVE配信

セミナー概要

人事労務領域の法令順守状況に関するリスク調査を労務デューデリジェンス(労務DD)と呼びます。長時間労働や職場環境を悪化させるハラスメント、過重労働などは、いまや社会における重大な関心事となっており、企業の社会的責任およびコンプライアンスに基づく労働関係法令の遵守状況を確認する「労務コンプライアンス」の重要性はますます高まっています。
本講座では、企業側の労働法を専門とするノウハウを生かし、労務コンプライアンスの遵守状況や労務リスクの洗い出しのポイントを明らかにします。単に法的リスクを指摘するだけにとどまらない、企業としての現実的対応策を含めた解説を提供します。

 

【本講座のポイント】

①経営リスクにつながる「項目」が理解できます 
②労務DD(労務リスク調査)に役立つチェックシートが入手できます 
③法的リスクの指摘にとどまらない現実的対応策を学べます

セミナー内容

  【大阪LIVE】

発展講座群

 

 

労務デューデリジェンス(労務DD)のチェックシートを進呈!

『労務コンプライアンスのチェックポイントと対策』

~労基署、ハラスメント、残業代未払い、労基法対応ほか~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 労務コンプライアンスとは何か 
1.労働法違反の経営リスク化
2.労基署の是正勧告と書類送検の動き
3.過労死・過労自殺と役員の責任追及 


Ⅱ 労働時間・割増賃金のチェックポイント 
1.労働時間の把握方法(自己申告・PCログ)
2.管理監督者の「割合」論
3.裁量労働制
4.固定残業代の最新判例解説
5.割増賃金の基礎単価 
6.年次有給休暇 


Ⅲ 労働基準法のチェックポイント 
1.労働条件明示
2.就業規則の必要記載事項
3.過半数代表者の選任
4.必要な労使協定リスト
5.意見聴取・届出、周知
6.消滅時効(当分3年) 


Ⅳ 法令遵守状況のチェックポイント 
1.セクハラ・マタハラ・パワハラ
2.同一労働同一賃金
3.高年齢者雇用安定法
4.障害者雇用促進法
5.労働安全衛生法
6.偽装請負リスク 


Ⅴ 労務リスク発見時の対応策 
1.割増賃金の遡及支払いの進め方
2.管理監督者の「割合」が多過ぎると指摘されたら
3.タイムカード・ICカードに切り替える必要はあるか
4.36協定違反が発見されたら 


Ⅵ 労務リスク低減に向けた予防策 
1.長時間労働の予防策
2.ハラスメント(セクハラ・パワハラ)の予防策
3.情報漏洩・SNS・競業避止をめぐる予防策 

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ