『ジローさんの迫熱教室』【全5回半日】

  • 講師:中澤 二朗 氏 プロフィール
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 開催日: 2020年04月10日
  • 会場:東京都 LMJ東京研修センター
    (東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル)【会場地図】
  • 時間: 14時00分~17時00分 (開場13時30分)
  • 通常価格:99,000
  • WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格:88,000
  • ※特別価格での提供は、『労政時報』を購読のうえWEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
  • 残数:あり
セミナー概要

様々な課題・・・ それらは、日々、容赦なく、しかも矛盾をはらんで降り注いでいます。私たちはこれらに、どう対応すればいいのでしょうか。そもそも、そうした答えのない課題に、どう向き合えばいいのでしょうか。先ずは「事実・歴史・原論」を踏まえること。それが大事です。そしてその上で、全体観をとらえ、真の課題に肉迫すること。とはいえ全体観は、そうたやすくとらえることはできません。課題がからみあっていれば、なおさらです。
 

そこで本講座では、「全体観」は、どうすればとらえられることができるのか。そこに潜む「真の課題」に、どうすれば迫ることができるのか。とりわけ、この2つを狙いとして第6弾を開講します。

 

                                                                                      ≪詳しくはパンフレットをご覧ください≫

 

セミナー内容


迫熱教室 

                                                

自ら考え自ら実践する人事パーソンを養成 〔全5回〕

  『ジローさんの迫熱教室』 第6弾 

 ~働き方改革における様々な課題の真因に迫る実践講座~

 

 

【講座内容・日程】

●第1回  2020年4月10日(金) 14:00~17:00+懇親会

 テーマ : あなたの人事課題を考える ―原論編―

・各社事例を通して人事の本質を問う
・人事に「原論」あり(原理・原則、雇用慣行)
・「働き方改革」にどう向き合うか(何を、どう変えるのか)
 

●第2回 2020年4月23日(木) 9:30~12:00

 テーマ : 迷走の歴史を通してさぐる「明日の働き方」 ―歴史編―
・かつて日本は間接雇用であり、流動的市場であった
・職務主義(職務給)と職能主義(職能給)のせめぎ合い
・迷走の歴史をたずねて「明日の働き方」に迫る

  
●第3回 2020年5月12日(火) 14:00~17:00 

 テーマ :欧米比較を通してさぐる「明日の働き方」 ―比較編―
・欧米社会、欧米の職務給・ワークライフバランスの実態
・接近する日本と欧米
・グローバル競争下における働き方を構想する

 

第4回 2020年5月21日(木) 9:30~12:00 

 テーマ :日本的雇用慣行の神髄 ―神髄編―

・他律的キャリアと「第3のブラック」
・法律と慣行のジレンマ、「求める人材像」はなぜ曖昧なのか
・日本的雇用慣行とシニアの責務

 

●第5回 2020年5月28日(木) 14:00~17:00 

 テーマ :人事の使命を考える ―使命編―
・「自明の罠(わな)」からの脱出(振り返り)
・「働くこと、働かせること」の過去・現在・未来
・あなたの使命は何か?

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。