この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

商品情報

“未来型”要員・人件費マネジメントのデザイン

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 著

岡本努/山本奈々 監修

 

好評書籍

『要員・人件費の戦略的マネジメント』第2弾!

 

■深刻な人手不足、働き方改革の取り組み、AIなど

 最新技術の活用といったキートピックスを取り入れ

 ながら、近年の要員・人件費マネジメントの勘所を

 ストーリー形式で解説

 

 

※この書籍の電子版は、主要電子書店にてお買い求めいただけます。

 

 

 

登録情報

第1章 機械に仕事を奪われる?!AI時代のFuture of Restructuring
 “余裕人材”の発生
 “余裕人材”の活用余地とは  
 *コラム* RPAやAI等の新しい労働力によって代替可能な業務
 業務体制の「再構築」=Restructuring
 “余裕人材”とは、どういった人たちなのか?(論点Ⅰ・論点Ⅱ)
 *コラム* 人の“スペック”をどれくらいの粒度で把握すべきか
 移管可能業務の見極め(論点Ⅲ)
 Future of Restructuringの効果(論点Ⅴ)

第2章 未来の姿を描き、新しい働き方を創造せよ ─ Future of Workforce Planning

 伝統企業の変化のとき
 “拡張労働力”とは何か
 何から始めるべきか?
 なぜ、今考えるべきなのか
 どのような変化が起こるのか?
 あるべき人材ポートフォリオの検討
 社長への報告
 “多様化”をどこまで許容するか

第3章 ダイバーシティ組織における要員・人件費のデザイン ─ 1人は1人分とは限らない

 年商2000億円のステージへ
 小町さんの前任者長谷さんとは
 毎月中途採用をしているのに人手不足
 基準人員とは?
 《解説》「組織別現有人員数・基準人員数比較表」の読み方~人員の“量”と“質”の観点~
 現有人員数を集計する際の考え方の見直し?
 現有人員数を集計する際の考え方の見直し~現場調査①時短適用者の場合~
 現有人員数を集計する際の考え方の見直し~現場調査②入社3年未満の場合~
 現有人員数を集計する際の考え方の見直し~現場調査③シニア世代の場合~
 *コラム* キャリアの多様化の時代における要員計画
 新しい“1人”の数え方(新しい現有人員数を集計する際の考え方)
 人事部ができること、現場を巻き込んでやるべきこと
 *コラム* 人件費を勘案した要員計画の必要性

第4章 非正規社員の無期転換と同一労働同一賃金による影響を可視化せよ

 雇用形態が多様化する中での、同一労働同一賃金への対応に向けた課題
 同一労働同一賃金への対応 ─制度ではなく、業務の見直し
 *コラム* 同一労働同一賃金への対応方法
 雇用形態の違いと、任せる業務・責任の違い
 新たなる課題
 限定正社員制度の導入は、会社に何をもたらすのか
 “工数コスト効率”という考え方
 定性効果の定量化
 施策の効果を見込んだ計画策定
 KPI指標の確定と残課題

第5章 働き方と“価値の出し方”を改革せよ ─ 高付加価値の追求をエンプロイー・エクスペリエンスにつなげる

 経営課題としての働き方改革
 「前年比15%成長」の看板の撤廃
 働き方改革を反映した計画=売上高予算の引き下げか
 そもそも時間がどう使われているかが見えていない
 FTEベースの1人当たり売上高
 価値の出し方改革
 働き方改革と価値の出し方改革を反映した予算・人員計画
 価値の出し方改革は“組織力そのものを進化させる力”を向上させる
 *コラム* 働き方改革を単なる時間削減に終わらせない
 価値の出し方改革1年目。その実現に向けた奮闘
 真の収益性を高めていくための仕組みづくり
 価値の出し方改革を自分事にさせる
 エンプロイー・エクスペリエンスの視点
 エンプロイー・エクスペリエンスと人員計画

第6章 HRBPに求められるもの ─現場の戦力づくりのリード役

 力不足の人事部門
 HRのあるべき体制
 好機到来
 現場と対話していくための段階的アプローチ
 人事の管理会計の単位
 仮説を踏まえた現場インタビュー
 御用聞きから、信頼されるアドバイザーへ
 HRBPは人事の中核機能に
 悲鳴を上げる現場 人材が足りない?
 HRサービスを総動員して人材不足に解を示せ!

第7章 要員・人件費計画策定プロセスの効率化・高度化 ─ ツール化・IT化による手作業からの脱却

 手作業でかつ属人化した計画の取りまとめ業務
 要員・人件費計画策定の高度化・効率化
 ツール活用の経営視点でのメリット
 *コラム* ツールの選択
 要員・人件費計画策定プロセスの“高度化”
 現状の課題と、その解消に向けたポイント
 《解説》「プラットフォーム型」ツールの具体的なイメージ例
 機能拡張と他計画との連携の要望

第8章 ピープル・アナリティクス ─ 2030年における人材マネジメント

 2030年におけるピープル・アナリティクス
 退職予測アナリティクス①:「退職予備軍の特定」
 八宮商事におけるピープル・アナリティクス環境の整備
 退職予測アナリティクス②:「退職の理由仮説と防止策の提案」
 退職予測アナリティクスを基にした取り組みの結果
 採用アナリティクス①:「人材要件の整理と候補者の抽出」
 採用アナリティクス②:「候補者別の選考ポイントの抽出」
 人材配置アナリティクス①:「新組織立ち上げに伴う体制・候補者の検討」
 人材配置アナリティクス②:「新体制の候補者案の作成」
 《解説》ピープル・アナリティクスによる体制案・候補者案の策定
 人材配置アナリティクスを基にした取り組みの結果
 ピープル・アナリティクスのさらなる活用余地

付録 要員・人件費計画策定の基礎知識

 1.あなたの会社には何人の社員がいますか?
 2.あなたの会社の人件費はいくらですか?
 3.人的生産性とは何か、何を見るべきか?
 4.人件費以外のコストの取り扱い方とは?
 5.定量分析の必要性と考え方

解説