『グローバル化社会における人事・労務管理』【半日】

セミナー概要

外国人労働者受け入れ拡大に向けて、一定の技能を持つ外国人や技能実習修了後の希望者を対象に「特定技能」という新たな在留資格を創設した改正出入国管理法が2019年4月1日から施行されました。この在留資格では、農業や介護など14業種での受け入れを想定しており、5年間で最大34万人の受け入れが見込まれています。いまや日本に在留する外国人は2018年末時点で過去最多の273万人(中長期在留者と特別永住者の合計)に達しています。少子高齢化の影響もあり、深刻化する人手不足対策を視野に日本国内における外国人の雇用も増加しつつあり、それぞれの在留資格の違いや実務における影響を整理しておく必要があります。本講座では、今後外国人材がますます増えていく企業社会において、受け入れに際しての留意点および受け入れた後に問題となる人事労務上の問題点をわかりやすく解説します。ぜひご参加ください。

 

【本講座のポイント】

①19年4月施行の改正出入国管理法の内容が整理できる 
②海外の人材を活用する際の留意点を理解できる 
③海外の人材を受け入れた後の労務管理のポイントがわかる

セミナー内容

 基礎講座群

 

半日でしっかり理解する 
『グローバル化社会における人事・労務管理』【半日】 
  ~外国人労働者の受け入れと労務管理~ 

 

 

 

 ≪主な内容≫

 

Ⅰ 外国人の受け入れ 
 最近改正された出入国管理法をはじめとする外国人を受け入れる際の法律上の留意点


1.在留資格制度


2.高度専門職


3.技術・人文知識・国際業務


4.特定活動


5.技能実習


6.特定技能


7.資格外活動


8.受け入れの手続き  


Ⅱ 外国人に対する人事労務管理 
 雇い入れた外国人に対する法律の適用、また法律を離れた労務管理上の留意点


1.適用される法律


2.募集・採用


3.社会保険・労働保険


4.労働条件


5.労働時間・休日・休暇


6.賃金


7.配置転換


8.労働災害


9.懲戒処分


10.退職・解雇・雇止め


11.その他  

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。