『米国式経営と部下管理に関するセミナー』【半日】

セミナー概要

日本企業の多くは、北米での生産力を増強し社員数を増やしていますが、米国採用の社員が増加すればするほど、経営の現地化が進展していき、日本式経営が通用しなくなりつつあります。本講座では、日本本社から赴任する経営者や管理職を対象に、Employment at Willという米国独特の雇用法の影響で、社員の転職率が高かったり、担当者のスキル・レベルのバラつきが目立ったり、社員の仕事に対する責任感が乏しくなりがちという環境の中で、どのようにしたら部下のやる気を引き出して成果を上げていけるかを日米の雇用法の違いに焦点を当てて解説します。米国で必要な人事管理手法をつかんでいただくための糸口として、本講座をご活用ください。 

 

【本講座のポイント】

①日本本社から米国へ赴任する経営者や管理職にとっての必須知識が整理できる 
②Employment at Willという米国独特の雇用法の内容と社員の傾向が理解できる 
③どうしたら部下のやる気を引き出して成果を上げていくか日米の違いを踏まえて対処法を提示

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

『米国式経営と部下管理に関するセミナー』【半日】 

   ~日米雇用法の相違と米国で求められるマネジメント・スキルの相違~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 日米の雇用法の相違 
 1.米国のEmployment at Will        
 2.業務成績不良による解雇に際し、訴えられるリスクを減らすための方法 
 3.日本の解雇権濫用の禁止 

 

Ⅱ 米国で必要とされるマネジメント・スキル
 1.米国のEmployment at Willの雇用法の下で働く社員の意識   
    (1) 会社に対する一体感や仕事に対する責任感の希薄さ

    (2) 米国における社内での人材育成努力不足     
 2.マネジメント能力の向上       
    (1) 米国人部下から見た日本人上司に対する不満    
    (2) 多様な価値観や生活スタイルの受容     
    (3) 仕事の指示の仕方、アドバイスの仕方     
    (4) 会社トップからの指示の仕方      
    (5) 部下への期待していることの伝え方     
    (6) こまめなフィードバックの必要性 (One-on-One Meeting)   
    (7) 部下への気遣いの重要性       
    (8) 部下の日常の仕事に対するRecognition (評価の伝達)の必要性 
    (9) リーダーシップの発揮と情報発信の量     
    (10) 部下の報酬や昇進等に対する希望への対応 


Ⅲ 日本式の社員を大事にする経営に替わる米国式社員重視経営の確立
 1.Great Workplaces (働きがいのある会社)     
 2.Employee Attitude Survey (従業員の意識調査)
 3.求人における管理職の隠れた役割  


Ⅳ 日系企業独自の必要性に基づく経営上の仕組み(提案)
 1.後任者への引き継ぎ (できなかったこと、失敗したこと、迷惑をかけたこと、知らなかったこと)      
 2.Mentor(助言者)制の導入 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

 

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。