• 何ができたら賃金がいくらになるか、将来いくらもらえるか、社員に見える化できる賃金制度の作り方
  • ジャンル:人事・労務管理賃金、賞与
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 講師:岸本 耕平
  • 開催地域:愛知県
  • 開催日:2019年09月03日
  • 時間: 13時30分~17時00分 (開場13時00分)
  • 販売・サービス提供社
    ㈱新経営サービス
    人事戦略研究所
    問合せ先
    〒600-8102
    京都府  京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
    TEL.0753430770

  • 価格:3,000円
  • 残数:あり

ウィッシュリストとは?

資料請求する
すぐ問い合わせする
一括で問い合わせする
商品情報

何ができたら賃金がいくらになるか、将来いくらもらえるか、

社員に見える化できる賃金制度の作り方


◇本セミナーでは、以下のようなことを実現したい会社におすすめのセミナーです。

①我社では、何ができたら賃金がいくらになるかを社員に示したい!
②我社では、将来賃金がいくらもらえるかを社員に示したい!
③社員の成長が、会社の成長につながる仕組みを作りたい!


■定員 40名  ご参加は1社2名様まで

 

《内容》

1.まずは、我社での成長ステップを明確にする
◆我社ではどんなキャリアが築けるかを見える化する
◆キャリアステップごとに会社からの期待事項を明文化する
◆成長モデルは3パターン想定しておく

2.「生涯賃金」という視点からモデル賃金を設定する
◆「生涯賃金」という発想をもつ
◆世間相場を把握しておく
◆賃金水準は、「実力」と「年齢」を加味して設定する
◆人員動態から将来人件費を見積もっておく

3.モデル賃金に合わせて、賃金制度を設計する
◆基本給の種類と採否のポイント
◆昇給パターンは3種類ある
◆基本給テーブルはどこまで伸ばすべきか?
◆諸手当を上手く活用した事例
◆賞与は業績連動を基本としておく
◆評価結果によるメリハリは大きければ良いというわけではない
◆退職金制度の種類と設計パターン

4.絵に描いた餅にならないための制度導入・運用テクニック
◆個別賃金、人件費のシミュレーションは入念に行う
◆中途採用者の賃金決定ルールも作っておく
◆社員への制度説明会は必ず実施する
◆人事評価・教育制度も整備していく

 

«対象»
経営者、経営幹部、人事部門責任者

«日程»
[愛知会場]2019年 9月 3日(火) 13:30~17:00(受付開始 13:00)
 
«会場»
[愛知会場]
名古屋ダイヤビルディング (JR「名古屋駅」桜通り口徒歩3分 、地図
愛知県名古屋市中村区名駅三丁目16番22号
TEL:052-565-5158

«参加費用»
お一人様 3,000円(税込)

 

《講師》

岸本 耕平 (弊社 人事戦略研究所 シニアコンサルタント)

「理想をカタチにするコンサルティング」をモットーに、中堅・中小企業の人事評価・賃金制度構築に従事している。見えない人事課題を定量的な分析手法により炙り出す論理的・理論的な制度設計手法に定評がある。

 

◆セミナーのお申し込みは、ページ上部にある「すぐ問い合わせする」をクリックして頂き

通信欄に

・会社名
・メールアドレス
 ・会社電話番号、FAX番号
・セミナーの参加人数

をご記入下さい。

追って担当者よりご連絡致します。

「㈱新経営サービス」 会社概要

所在地:〒600-8102 京都府 京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
TEL:0753430770
URL:http://jinji.jp/

1人がフォローしています。

取り扱い商品・サービス
自社課題に合わせた制度改定&役割等級制度のつくり方
中小企業のための「辞めたくなくなる会社づくり」セミナー
"無名"の中小零細企業に新卒採用の応募が殺到した理由
"無名"の中小零細企業に新卒採用の応募が殺到した理由
何ができたら賃金がいくらになるか、将来いくらもらえるか、社員に見える化できる賃金制度の作り方
何ができたら賃金がいくらになるか、将来いくらもらえるか、社員に見える化できる賃金制度の作り方
何ができたら賃金がいくらになるか、将来いくらもらえるか、社員に見える化できる賃金制度の作り方
部下を育てる!上司を動かす!他部門を巻き込む! 管理者をプレイヤーからマネージャーに変える法
【中小企業向け】社員が育つPDCA
管理職不足になる前が勝負!中堅社員の育成方法
管理職不足になる前が勝負!中堅社員の育成方法