『「働き方の変革」を実現する次世代組織モデル「ティール組織」導入のポイント』【半日】

  • ジャンル:人事戦略
  • 講師:八代 智 氏 プロフィール
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 開催日: 2019年09月17日
  • 会場:東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
    (東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F)【会場地図】
  • 時間: 13時30分~16時30分 (開場13時00分)
  • 通常価格:19,440
  • WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格:16,200
  • ※特別価格での提供は、『労政時報』を購読のうえWEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
  • 残数:あり
セミナー概要

最近、各種メディアで紹介されているポスト日本型マネジメント・組織形態の一つである「ティール組織」。言葉としては認識しているものの、その本質はあまり理解されていないのが実態です。
「ティール組織」とは、「上司が指示をしない」「管理しない」フラットな組織構造の中で、メンバーが協力しながら成果を創出していくという特徴をもった組織形態をいいます。
本講座では、「ティール組織」について基礎的な知識から導入事例までを半日で丁寧に解説します。ぜひご参加ください。 

 

【本講座のポイント】

①ティール組織の基本的な考え方を理解できます 
②ティール組織導入による組織進化の方法を整理できます 
③ティール組織の導入事例や運用のポイントを提示します 

セミナー内容

基礎講座群

 

 

これからの人事が押さえておきたい 
「働き方の変革」を実現する次世代組織モデル

  『ティール組織』導入のポイント【半日】 
 ~ティール組織を実現するための知識から運用例まで解説~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ ティール組織とはそもそもなにか 
・組織進化の5段階モデル
➊赤(Red):衝動型⇒➋琥珀(Amber):順応型⇒➌オレンジ(Orange):達成型⇒➍緑(Green):主体型⇒❺ティール「青緑」(Teal):進化型という五つの段階に進化していくモデルを「色」で識別し、最終型を「ティール色」として表現したことにより「ティール組織」と呼ばれる。
・従来型のピラミッド型のヒエラルキーを持つ組織ではなく、相互に関係しながらボトムアップで取り組みを実現していく組織をいう 


Ⅱ 5段階の進化プロセス 
・5段階の進化は、「意識のスペクトラム」(意見・現象・症状などが、あいまいな境界を持ちながら連続して変化していくこと)によって実現する。
➊赤(Red):衝動型:圧倒的な力を持つトップが支配する組織
➋琥珀(Amber):順応型:軍隊的なヒエラルキー組織
➌オレンジ(Orange):達成型:分権・柔軟性を伴う達成指向性組織
➍緑(Green):主体型:組織に属する個人にフォーカスされた組織
❺ティール(Teal):進化型:常に生命体のように進化する組織 


Ⅲ 三つのポイント 
①セルプマネジメント(自律的マネジメント)
上司の指示を受けるのではなく、各人が自律的に判断して行動して成果を上げていく
②ホールネス(ありのままの姿)
個人のありのままの姿を尊重し、受け入れられることを重視する
(メンバーの多様性を尊重し、メンバーが不安を感じないように心理的安全を担保すること)
③進化する目的
経営層が独断で意思決定するのではなく、組織の変化に合わせて全員で組織の存在意義を追求し、目的を進化させる
 
Ⅳ 導入事例 
・「対話」主軸の業務遂行スタイル
権限・権力の保持を意味する「肩書き」でマネジメントする従来の方法ではなく、相互に意見を交わし、意見を尊重して物事を進めていく手法になっていくため、一方的ではなく、双方向になる。その意味で、「対話」が主軸になる業務遂行スタイル。
・柔軟な変化
ティール組織は常に維持し続けるといった固定概念もない。特命事項の実施時は「オレンジ(Orange)」、緊急対策が必要な場合には「琥珀(Amber)」と常に局面に合わせて組織形態を変化させていく柔軟性は持ち合わせている。 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。