【大阪LIVE】『これからはじめる在宅勤務制度』

LIVE配信

セミナー概要

働き方改革は多くの企業にとって喫緊の課題となっている中で、テレワークの一形態である「在宅勤務制度」を導入する企業が増えています。最近では、2020年に開催される東京オリンピック期間中の都内の交通渋滞・物流への影響を鑑み、在宅勤務を大規模に実施する企業の取り組みも報道されています。在宅勤務制度は、主に大企業で導入が進んでいますが、中小企業でも導入可能です。人手不足が顕在化し、企業規模を問わず人材の確保が困難になっている中で、在宅勤務制度を導入するメリットは大きいと思われます。そこで本講座では、導入事例を紹介しながら、在宅勤務制度の導入の意義や導入に当たっての検討事項、労働時間の把握・管理の具体的な方法、在宅勤務規程の作成のポイント、そして制度導入後の運用上の課題と解決に向けたチェックポイントについて解説します。


※本講座ご参加の皆様には講師執筆書籍『これからはじめる在宅勤務制度』(中央経済社)を進呈します。

 

【本講座のポイント】

① 企業・従業員にとっての在宅勤務の意義と課題を理解できます 
② 労働時間管理や健康管理など在宅勤務者の労務管理のポイントが把握できます 
③ 在宅勤務規程や在宅勤務申請書などの作成のポイントがわかります

セミナー内容

 【大阪LIVE】

発展講座群

 

 

働き方改革、東京五輪に伴う混雑に備え注目高まる 
『これからはじめる在宅勤務制度』 

~在宅勤務制度の導入・運用の留意点~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 働き方改革としての在宅勤務制度の導入 
  1.テレワークの一形態としての在宅勤務
  2.在宅勤務に期待される効果
  3.在宅勤務制度の導入事例
  4.導入に当たっての課題
 
Ⅱ 在宅勤務制度の導入手順 
  1.導入のフローと社内体制の整備
  2.導入目的の明確化
  3.対象業務および対象者の選定
  4.試行的実施 


Ⅲ 労務管理体制の構築 
  1.労働時間の管理
  2.健康管理
  3.作業環境
  4.労働災害
  5.在宅勤務者の処遇 


Ⅳ 情報セキュリティ対策 
  1.ICT環境の整備
  2.情報セキュリティ対策 


Ⅴ 在宅勤務規程の整備 
  1.就業規則の見直し
  2.在宅勤務規程作成のポイント 
  3.BYOD規程の必要性 


Ⅵ 運用上の課題 
  1.利用者が増えない
  2.在宅勤務者の仕事を探すのが難しい
  3.在宅勤務が適用されない従業員から不満の声が上がる
  4.評価が難しいという管理職が多い
  5.過重労働になりがち  
  6.BCP対策で導入したがうまく機能しない 

 

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー