『米国移民法の実務上の問題 ー L Blanket Visa と E Visaの注意点』【半日】

セミナー概要

最近、営業や経理担当職種の米国のビザ申請を却下されたという例を聞くようになりました。また、米国で酒酔い運転で逮捕されたために家族全員のビザが即時取り消された事例がかなり発生しています。
本講座では、米国の日系企業と日本の親会社における米国ビザの取得に精通している米国インディアナ州弁護士が最新のビザ申請に関する問題を説明し、参加者からの質問に直接お答えします。また、ビザ面接での注意点などに関する情報も説明します。ぜひご参加ください。

 

 

【本講座のポイント】

①日本をはじめ世界各地で米国のビザ申請の実務に精通した弁護士が、直接、参加者からの質問に答えます
②質疑応答の時間を十分設け、LビザやEビザの実務に関する質問が自由にできます 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

米国ビザ担当者が押さえておくべき 
『米国移民法の実務上の問題

   ー  L Blanket Visa と E Visaの注意点』【半日】 

   ~トランプ政権下における米国移民法の動向~

 

Ⅰ L Blanket VisaとE Visaのそれぞれの特徴 
   1.それぞれのビザ申請に必要な書類
  2.L Blanket Visaの効用
  3.L Blanket Visa保有者が米国入国時に携帯すべき書類
  4.L Blanket Visa更新に関する問題点
  5.L-1Bの審査基準に関する米国移民局の新たなPolicy Memorandum
  6.日本の米国大使館での面接における予想される質問
  7.営業やカスタマーサービスの職種のL-1Bビザ申請の注意点

 
Ⅱ 酒酔い運転や酒気帯び運転による逮捕とビザの取り消し措置の実態(2016年以降の米国国務省の新たな方針)
 
Ⅲ 米国の移民局の審査の厳格化
 
Ⅳ 米国での住所変更届の必要性

 

Ⅴ 駐在員帰国後の家族の米国での滞在の問題点 
 
Ⅵ ビザ申請書類不備による一時的ビザ発行不可の通知とその影響
 
Ⅶ 米国生活上のその他の主要な法律問題

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。 

 


 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。