『最新トレンドから見るこれからの人事部門のあり方』

セミナー概要

少子化を背景とした労働力の減少に伴い、事業運営上必要な人材を量的/質的に確保することはますます難しくなっています。このような状況下で、生産性向上を実現するには、人事マネジメントを抜本的に見直す必要があるといえるでしょう。本講座では「働き方改革」「タレントマネジメント」「人事業務改革」「HRテクノロジー」といった人事のトレンドを踏まえ、その背景と対処の方向性について解説します。 

 

【本講座のポイント】

①再び重要課題として注目される優秀人材のA&Rの対応がわかる 
②効率性だけでなく、付加価値創出の観点からアプローチする働き方改革について理解できる 
③人事部門の業務プロセスの見直しとHRテクノロジーの活用を検討できる 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

人事担当者が押さえておくべき 
 『最新トレンドから見る これからの人事のあり方』 
 ~労働生産性向上に貢献する人事のあり方を考える~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 人事マネジメントのトレンド 
1.人材確保が最重要課題
2.迫られる「働き方改革」への対応
3.人事業務プロセスの見直しと生産性向上
4.評価制度は簡素化の方向へ 


Ⅱ 優秀人材の確保とタレントマネジメント 
1.タレントマネジメントとは何か
2.重要ポストへの最適配置(マッチング)
3.後継者計画(サクセッション・プラン)の策定と実施 


Ⅲ 働き方改革への総合的な取り組み 
1.「働き方改革」と「働かせ方改革」
2.労働時間管理だけで働き方改革は実現しない
3.評価・賃金制度はどうあるべきか 


Ⅳ 人事機能の見直しと人事部門改革 
1.戦略的人事部門の役割と“HR Transformation”
2.人事業務プロセスの見直し
3.人事担当者に求められる役割と人材要件 


Ⅴ 人事におけるテクノロジーの活用 
1.人事データ分析による定量的アプローチ
2.HR Techとは何か 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー