『同一労働同一賃金の法律と実務』

セミナー概要

同一労働同一賃金の問題を考えるに当たっては、法律的な観点と実務的な観点の両面を踏まえた検討が必要不可欠です。
加えて、実務的な観点からは、人事制度の見直しだけでなく、業務分担の在り方そのものや、業務のマネジメントの仕方も重要なポイントとなってきます。
本講座では、同一労働同一賃金でよくあるケースを取り上げ、弁護士とコンサルタントの2人が、法律と実務の両面から同時に解説を行うことで、皆さまが直面している課題に対して、より具体的で実践的な対応策を解説します。 

 

【本講座のポイント】

①同一労働同一賃金について、法律と実務の両面から解説します 
②多くの会社で直面するであろう具体的なシーンを取り上げ、対応方法を提示します 
③制度だけでなく、マネジメントの在り方そのものについても言及します 

セミナー内容

発展講座群

 

 

同一労働同一賃金に関する疑問をまとめて解決! 
『同一労働同一賃金の法律と実務 』
~弁護士とコンサルタントによる同一労働同一賃金の法的解釈、制度設計の実務を同時解説~ 

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 同一労働同一賃金問題対応のための基礎知識 
1.パートタイム・有期雇用労働法の解説
2.同一労働同一賃金ガイドラインの解説
3.同一労働同一賃金の裁判例も踏まえた基本的な考え方
 
Ⅱ ケース①:正社員とパート・アルバイト社員の同一労働同一賃金 
正社員とパート社員で、担当している業務内容に違いがない場合、どこまで処遇をそろえる必要があるのか?
1.給与、賞与、諸手当、その他報酬項目の見直し
2.制度を変える場合/業務を変える場合
3.業務をどうマネジメントするか 


Ⅲ ケース②:定年後再雇用者の同一労働同一賃金 
定年後再雇用者の報酬水準を、定年前より引き下げる対応は許容されるのか?
パターンA:定年前と業務内容が変わる場合
パターンB:定年前と業務内容が同じ場合 


Ⅳ 受講者からの疑問に答えるQ&A 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


 

 

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー