【福岡】『施行直前 同一労働同一賃金の実務対応詳細』 【半日】

セミナー概要

同一労働同一賃金については改正法の施行が来年(2020年4月)に迫っているにもかかわらず、裁判例の混乱が見られ、実務で対応に迷っている企業が多いと思われます。そこで、法的には何がハッキリしていて、裁判例を踏まえると何が未解決なのかを解きほぐし、少なくとも企業として対応しなければならないこと、今後検討すべき事項、新たに実務で対応すべきことを整理して提示することで企業実務の迷いを払拭します。情報が錯綜していますが、セミナー当日時点における最新の事情をお伝えします。実務対応で押さえておくべき事項を分かりやすく解説します。ぜひご参加ください。

 

【本講座のポイント】

①施行直前の同一労働同一賃金に関するポイントを総ざらいできる 
②難解なガイドライン等行政資料をかみ砕いて実務対応を万全にできる 
③最新判例を踏まえて今後の実務における方向性を確認できる 

セミナー内容

 【福岡開催】

管理職講座

 

 

混乱する同一労働同一賃金の実務対応決定版 
『施行直前 同一労働同一賃金の実務対応詳細』【午後半日】 
~最新判例、通達、ガイドライン、点検マニュアルを踏まえた総括~ 

 

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 同一労働同一賃金の前提知識 
1.同一労働同一賃金という用語は正確ではない
2.均等と均衡の違い
3.考慮される4要素(①業務の内容、②責任の程度、③職務内容・配置の変更範囲、④その他の事情) 


Ⅱ 同一労働同一賃金ガイドラインの“トリセツ“ 
1.ガイドラインの読み方
2.すぐに対応すべきもの、今後検討すべきもの 


Ⅲ 労使協定方式の厚生労働省水準を踏まえた派遣の実務 
1.派遣の特殊性は
2.労使協定方式の水準は
3.派遣特有の実務対応 


Ⅳ 高年齢者の同一労働同一賃金 
1.高年齢者の特殊性は
2.高年齢者雇用安定法の趣旨をどこまで尊重する必要があるか 


Ⅴ 裁判例まとめ 
1.平成30年最高裁判決(ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件)
2.最高裁以降の判決(日本郵便[東京]事件、日本郵便[大阪]事件、大阪医科薬科大学事件、メトロコマース事件ほか) 


Ⅵ 実務対応詳細 
1.4要素に従った実務対応
2.職務分析のやり方
3.規定上の注意点、など 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。