【大阪】『外国人社員の税務・社会保険・在留資格・労務管理の留意点』【半日】

セミナー概要

近年、国内では労働力人口の減少に伴い人材獲得が厳しさを増しており、国外に目を向けると新たな市場を求めて企業は積極的な事業の国際展開を加速させています。そうした中で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、現在、政府では入国管理法の改正に向けて取り組みが始まっています。改正案の中には新たな在留資格を設け、原則として認めてこなかった単純労働にも門戸を開くことが盛り込まれています。本講座では、税務・社会保険・在留資格・労務管理の留意点について基礎から理解できるよう工夫するとともに、2019年時点の最新情報を織り込んでわかりやすく解説します。これから外国人社員を採用したい企業、すでに採用しているが、課題を抱えている企業の担当者向けにお勧めします。

※本講座ご参加の皆様には講師執筆書籍『すっきりわかる!海外赴任・出張・外国人労働者雇用』(清文社)を進呈します。
 

【本講座のポイント】

①外国人雇用に関する制約と法令の必須知識が理解できる 
②外国人社員の採用・労務管理のポイントがわかる 
③外国人雇用に関する諸問題から実務的な対応がわかる 

セミナー内容

  【大阪開催】

発展講座群

 

新在留資格スタートに伴う基礎知識と実務対応 
『外国人社員の税務・社会保険

       ・在留資格・労務管理の留意点』【半日】
~外国人の募集、採用から雇用、退職までの実務~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 外国人の採用 
1.外国人の雇用管理の特徴
2.在留資格の取得、変更、更新方法
3.海外からの親の呼び寄せ
4.入社時の手続き、社会保険、税務、雇用管理、必要書類 


Ⅱ 駐在員・出向者としての受け入れ 
1.給与が全額または一部海外から支払われる場合
2.社会保障協定発効国からの駐在員の取り扱い
3.駐在員の福利厚生にかかる税務
4.外貨建て給与の換算方法 


Ⅲ 退職時の取り扱い 
1.会社側が交付すべき書類
2.住民税の取り扱い
3.脱退一時金の請求方法と受給額計算と税務
4.失業給付の受け取り
5.行政手続き以外に実施すべきこと 


Ⅳ その他 
1.1年未満の短期プロジェクトでの受け入れの在留資格、社会保険、税務
2.留学生のアルバイト雇用、アルバイト所得が免税になる場合
3.外国人との業務委託契約 


Ⅴ 外国人実習生の受け入れ・新在留資格 
1.受け入れ形態の検討
2.受け入れ人材の検討、決定、配属までの留意事項
3.実習実施の留意点
4.各種トラブル対応 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。