『チームで最高の結果を出す目標管理』【半日】

セミナー概要

 目標管理で成果を上げている企業は少数です。事業とは顧客創出活動ですが、売り上げを主たる目標に据えた活動では顧客は獲得できません。目標管理とは、顧客に提供する価値を見定め、顧客の期待を超える活動で顧客評価を高める活動なのです。売り上げは適切な目標達成活動の結果です。そういう意味で、個々の社員の強みを活かしてチームで成果を出すことが重要であり、社員に個人目標を設定させることは、基本に逆行していることが分かります。顧客視点で活動するための視点や基本手順をはじめ、成功事例を交えて新たな視点からの目標管理について解説します。

 

【本講座のポイント】

 

①社員を分断する個人目標を止め、チームで最高の結果を出す方法を解説 
②売上高は目標でなく結果。顧客評価を獲得するテーマ設定を説明 
③面接で業績は向上しない。基本手順を活かした効果的な活動を紹介

セミナー内容


基礎講座

  

なぜ、あなたの会社の目標管理は機能しないのか 
『チームで最高の結果を出す目標管理制度』【半日】 
~新たなアプローチによる実効性を高めるポイントと運用のコツ~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 成功事例と失敗事例を比較する 
1.個人別目標設定で失敗した事例
2.チームで最高の結果を出した事例
3.基本手順の活用度の違い
4.管理職(チームリーダー)の考察力 


Ⅱ 基本手順の活用方法 
1.成果の上がる目標設定
2.成果創出を妨げる要素を取り除く
3.活動計画を逆算で立てる
4.チームで成果を上げる 5.ノウハウの蓄積 


Ⅲ 営業部門の目標管理のコツ 
1.顧客評価創出目標の設定
2.顧客価値を見定める
3.営業KPIを活用する
4.ターゲッティングを明確にする
5.徹底実行のコツ 


Ⅳ 製造部門の目標管理のコツ 
1.管理職の鍛え方で成果が決まる
2.売り上げは目標ではない
3.KPIを目標化する
4.CSFをアクションプランに活かす

5.定性目標の扱い方 


Ⅴ 成功する目標設定のコツ 
1.目標を等級に合わせない
2.公平な目標設定より評価の公平を重視する
3.少しだけ図表を使う
4.組織で何を実現するかを明確にする

  
Ⅵ 目標管理を活性化する評価の仕組み化 
1.チームの成果はメンバーで共有する 

2.量的成果より質的成果を重視する 

3.チーム成果と社員各人の活躍で社員の評価を決定する
 

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー