管理職研修シリーズ 『パワハラ、セクハラ、マタハラの基礎知識と企業の安全配慮義務』【半日】

セミナー概要

労働相談件数で、いじめ・嫌がらせが2012年度から6年連続でトップとなっています。パワハラについて2019年の通常国会で職場でのパワハラ防止を義務づける関連法が成立し、2020年4月に施行される見込みです。相談窓口の設置といった新たな防止措置の義務づけなど企業は雇用管理上の措置を講じる必要に迫られます。本講座では、パワハラを中心にセクハラ、妊娠・出産等に起因するハラスメント(マタハラ)を取り上げ、職場のハラスメントについて何が問題になるのか、予防するためには、どうしたらよいか、発生してしまったらどのように対応すべきかについて、事例検討等を行い実務的に解説します。 

 

【本講座のポイント】

①具体的な行為例や事例検討を基にハラスメントの問題を深く理解できる 
②部下からの相談や事実関係調査等、具体的な実務対応のポイントが分かる 
③全社的にハラスメント対策を進めていく際の手順が分かる 

セミナー内容

 

管理職講座

 

管理職研修シリーズ 
 『パワハラ、セクハラ、マタハラの基礎知識と企業の安全配慮義務』【半日】 
   ~問題の所在、予防策、発生時の社内対応等を解説します~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ ハラスメント対策が求められる背景 
1.労働紛争内容の変化
2.精神障害の労災請求件数の増加、労災認定基準
3.企業の安全配慮義務 


Ⅱ パワハラ、セクハラ、マタハラの理解 
1.パワハラ、セクハラ、マタハラとは
2.実務で参考になる近年の裁判事例
3.違法性の判断基準と行為例
4.法改正による雇用管理措置義務への対応
5.グレーゾーンの事例検討
6.実務でよく寄せられるQ&A 


Ⅲ ハラスメント防止対策と事後対応 
1.就業規則・ガイドラインで規定する際の留意点
2.管理職として部下から相談があった場合の対応
3.事実関係調査時の留意点
4.加害者、被害者の人事上の処遇 


Ⅳ ハラスメント対策プロジェクトの進め方 
1.プロジェクトの工程
2.相談体制の整備
3.ハラスメント研修のポイント 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


 

 

 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ