【名古屋開催】『同一労働同一賃金の実務対応と最新の労働法トピックス』

セミナー概要

働き方改革の流れの中で、正規雇用と非正規雇用の間の不合理な待遇差を解消するために同一労働同一賃金の施行が2020年4月(中小企業は2021年4月から適用)に迫っており、制度の見直しが必要になっています。しかし、正規雇用と非正規雇用で処遇格差があるのが一般的な人事・賃金制度の中で、同一労働同一賃金の問題をどう位置づけるべきか悩んでいる人事担当者は少なくありません。そこで本講座では、この処遇格差解消に向けて、現実的に会社の制度にどのように組み入れていくかを考えていきます。また、パワハラの法制化や70歳までの継続雇用年齢の引き上げなど、最新の労働法関係の問題についても解説します。 

 

【本講座のポイント】

①賃金制度から考える同一労働同一賃金への対応策 
②マネジメントから考えるハラスメント問題への対応策 
③安全配慮義務から考える70歳までの継続雇用年齢引き上げへの対応策 

セミナー内容

  【名古屋開催】

発展講座群

 

施行前に押さえておく 
『同一労働同一賃金の実務対応と最新の労働法トピックス』 
  ~パワハラの法制化・70歳までの継続雇用年齢引き上げを見据えて~ 

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 同一労働同一賃金への対応策 
1.「同一労働同一賃金」の意味
2.法で要求されている「同一労働同一賃金」の具体的な内容
3.一般的な日本の人事・賃金制度とどのようになじませるのか 


Ⅱ.ハラスメント問題への対応策 
1.パワハラの法制化の内容
2.ハラスメント問題の判断メソッド
3.「被害者」と「加害者」の間で着地点を踏み外さないために気をつけること 


Ⅲ.継続雇用年齢引き上げへの対応策 
1.高齢者の雇用と安全配慮義務
2.高齢者の雇用と労働条件
3.70歳までの継続雇用年齢の引き上げに伴う周辺の問題 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。


 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー