『同一労働同一賃金への対応を踏まえた制度構築、規程見直しの実務』

セミナー概要

本講座は、2020年4月から施行される同一労働同一賃金に関して、まずは正しい知識を確認し、自社としてどのように待遇差を合理的に説明するのか、どのように手当と福利厚生を整理していくべきかをステップ方式で検討していきます。加えて、働き方改革の実現に向けて、多様な労働力を活用できるように、具体的な知識、問題点と解決策、そして自社に合う制度構築、規程の作成・見直しまでを網羅的に解説します。
 

【本講座のポイント】

①パートタイム・有期雇用労働法の改正内容を再確認できる 
②同一労働同一賃金へ向けた諸手当・福利厚生の見直しの視点を提示 
③制度変更に伴う規程の見直しにも触れ、実務の落とし所がわかる 

 

 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

同一労働同一賃金に対応するため企業は何をすべきか 
『同一労働同一賃金への対応を踏まえた制度構築、

                 規程見直しの実務』 
     ~同一労働同一賃金、多様で柔軟な働き方を実現するポイント~   

 

 

Ⅰ はじめに 
1.働き方改革スケジュール
2.「同一労働同一賃金」の施行に際し、人事総務としての心構え


 
Ⅱ パートタイム・有期雇用労働法の改正点 
1.均衡待遇と均等待遇
2.雇い入れ時の説明義務への対応
3.「職務の内容」「人材活用の仕組み・運用等」「その他の事情」の同一性の判断 


Ⅲ 同一労働同一賃金-手当見直しの進め方 
1.同一労働同一賃金ガイドラインの全体像
2.裁判例と自社の手当の考え方
3.ガイドラインと自社の手当の考え方
4.今後の取り組み方法と福利厚生の整理

 
Ⅳ 多様な働き方を実現する取り組み 
1.短時間正社員制度
2.週休3日制度
3.在宅勤務制度と在宅勤務ハンドブック
4.勤務間インターバル制度
5.カムバック制度
6.副業・兼業 


Ⅴ さいごに 
働き方改革が企業にもたらす好影響とは  

 

キャンセル待ちをご希望の方は、FAXにて受付をいたします。申込用紙の備考欄に「キャンセル待ち」とご記入の上、ご送付ください。キャンセルがございましたら、順次ご連絡いたします。
ご連絡がない場合は、キャンセルがなかったものとご理解くださいますようお願い申し上げます。

 申込用紙はこちらをご利用ください
https://www.rosei.jp/data/static/seminar/college_fax_order.pdf

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー