【大阪開催】『定年前後の社会保険・年金知識』

セミナー概要

「人生100年時代」を見据え、政府は70歳までの雇用を目指す高齢者雇用安定法の改正に動き出しました。すでに多くの企業は65歳以降への継続雇用や定年年齢の引き上げなど高齢社員活用を猛スピードで進めており、人手不足・熟練者不足、高齢者の体力向上等により、今後も更なる高齢者活用が期待されます。
同時に、年金や社会保険の仕組みを押さえておくことは、社会保険担当者はもちろんのこと、高齢者活用の戦略を練る担当者にも欠かせません。また、定年を迎える社員への説明会でも、今回の講座の知識や情報は必要になります。本講座は、最新の動向や情報を広範にカバーする内容となっています。是非ご参加ください。
※法改正など最新動向により内容や順番を適宜変更することがあります。
※講座で使用しますので「電卓」「筆記用具」を必ずお持ちください。 

 

【本講座のポイント】

①高齢者雇用に必要な労働・社会保険の仕組みや法改正、最新情報が満載 
②担当者が定年前後説明会を実施できるよう、必要な知識と情報を網羅 
③法改正や動向を解説、高齢社員の処遇制度見直しに向けた企業対応も伝授

セミナー内容

 【大阪開催】

 発展講座群

 

 

65歳以降の雇用を見据えて、いまこそ押さえておくべき 

 

『定年前後の社会保険・年金の知識』
~定年前後説明会、65歳以降の雇用に関連する法令動向等もわかりやすく解説~ 

 

<主な内容>

 

1.高齢者雇用に関連する法・雇用状況や他社事例


2.定年前後の社員が知りたいこと

  
3.労働・社会保険全体の仕組みを知る


4.労働・社会保険への加入・働き方の違いとその影響
 ※タイプ別に見た定年前後の年金・健康保険・雇用保険への加入


5.定年前後の税を知る-年金の税・退職金の税・DCの税


6.年金を知る-年金の仕組み(単身・夫婦世帯)・上手なもらい方、繰り上げ・繰り下げの効果、ねんきん定期便、ねんきんネットの活用 など


7.雇用保険の給付を知る-失業等給付(基本手当・高年齢求職者給付金)・高年齢雇用継続給付・その他再就職手当等(概要) など


8.在職老齢年金を知る-60歳台前半および65歳以降の在職老齢年金の仕組み・賃金と年金と雇用保険の支給調整、雇用保険の支給調整による「賃金シミュレーション」を実際に作成できるようになる


9.健康保険を知る-健康保険の保険給付(概要)・被保険者と被扶養者・退職後の保険給付(概要)


10.退職後も年金や健康保険への加入(単身・夫婦世帯)


11.会社がすべきこと・社員がすべきこと(まとめ)
 ※定年後の選択パターン・パターン別に見た会社がすべきこと・社員がすべきこと 


12.定年前後社員向けの説明会ですべきこと(まとめ)


13. 高齢者雇用に活用可能な労働関連法の改正や最新情報

 

14.助成金の最新情報 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。